なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 朝一に急遽情報提供願いのメールを見る…が、どうにもやる気が出ない。そんなこんなのうちに時間だけが…は危険なので強引に頑張ってみた。前半はイマイチだが、後半のメール対応はまあまあ熱を入れられた。という事で良しとしよう。その後学会発表のスライドを見ていき、軽く話して調子を見る。ま、良いか、という所。
 昼はなんだかお好み焼きの気分。勿論広島の方の。で、コンビニに自転車で。冷凍食品を買った。帰って食べてみたら以前より美味しい感じになっているのが分って、なんか嬉しかった。
 ホッとして時計を見たらレレレの時刻。次なる仕事の事を考えるが…。どうもうまくなく、依頼されている4000字・図表と写真6枚をどう入れ込むかのヴィジョンが出ない。…参った。論文を読むにも神経が集中せず。ボロボロのうちに気づくとなぜか道路が固まってヤバくなる時刻が近い。
 急ぎ退出し、構内を脱出した。
 昼にアプリで送った処方箋の薬を受け取り、スーパーでお赤飯を買い、なんとなく酒屋に行ってノンアルコールと普通のビールを買う…で、帰る訳だが何気に車の時計を見たら随分と遅くなっていた。でも急ぐことなく流れに乗って帰宅。
 先ずはお赤飯と簡単におかずを作って夕食。そしてこれを書いている。
 ブログを巡回したら、確定申告の迷宮を進まねばである。ちょっと面倒。だけど致し方ない。

 不足する外貨の購入の電話をして、3月、うまく仕事終えた23日土曜にニコンのサービスセンター東京@新宿でカメラ2台、カメラのキタムラ系列の店…多分北村写真機店でもう1台のカメラのセンサークリーニングをお願いするつもり。多分2時間くらいでどちらも済むはずで、Book1st辺りで時間をつぶしたら回収して、あとは秋葉原で小間物を入手するとともに外貨を受け取る…そんなコースを考えている。
 でも週を明けたらベトナム2泊4日なんだよな。帰国して1週間置いて今度はメキシコである。
 ベトナムもメキシコも帰路は深夜0時を回ったころの出発。メラトニンが上手く効いてくれるといいけど。特にメキシコ側は復路15時間くらいかかる模様。飛行機って長く飛べるんだな、と妙に感心してしまう。まあ長距離飛べるB787だからってのもあるんだろうけど、そんなに長く機内で過ごすのは初めて。映画もKindle読書も厳しいよなぁ…
 その前にきちっと仕事して体調を整えることが先決だけどね。

 なんか脳内ふわふわである。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2024/02/28 19:49】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック