なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 調子の出ない朝。何より恐怖症になる職場メールの数…自分に害がないものなのではあるのだが、どうも…メンタル弱い。妙な書類の依頼が来て、よく理解できない。何なんだ…
 今日は学会発表のスライドを作ること。だけどイマイチ進められないでした。
 昼はなんとなくパン!で、魚のフライにタルタルソースのかかったコッペパン。美味しい!ついでにコロッケを買っていて、これもまた宜し。残念なのは野菜コロッケが無く、牛肉だったこと。…ム?揚げ物2品ではないか…
 午後は調子に乗れないままメールをやっつける。終わったらスライドを見ていき、話を再構成。15分話すが、うまくまとめられるかな?内容的に2本立てをまとめるのだけど…
 なんか調子がグダグダなので、今日は早々に退出。夕暮れの中を注意して進み、無事帰宅。

 昨日、日食機材の稼働試験をして、OPアンプの発振の原因を考える。一つあるとすれば、OPアンプの電源を、USB PDの12Vではなく、12Vから9Vからに落とす降圧回路から取って3端子レギュレータで5Vにしている。この降圧回路、コイルにコンデンサといかにも雑音が出そうなモノが載っている。9Vで動かすミラーレス一眼を接続しないでいるとOPアンプは発信しない。電源から雑音が回り込んでいるなら、三端子レギュレータの入力を降圧回路の9VからUSB PDの12Vに変えてみようと思う。これで解決すればヨシ、ダメならカメラの電源とこの辺の回路の載ったものの電源と分けることにする。確実に問題なくなる。USB PD対応のバッテリを余分に持っていくのは重量的に避けたい。

 日食、内部コロナとかは20-100倍かけるとかなり微細構造が見えて美しいという。これは是非試したい。けれど…それだけの装備を今から足せるだろうか?当初三脚をさらに1機増やすのは無理、と思ったけど去年使った装備をアップデートすれば、1.5kg程の重量増でOKな筈、となるが…はてさて?
 望遠鏡は組めば1台組めるはずだし、ピント用のヘリコイドやら天頂プリズム、アイピースは手持ちで済む。何も作らず、組み立てるだけならすぐにOKの筈で…はてさて、どうなる?どうする?防湿庫や100均の大型タッパーに入れた部品を集めてみますか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2024/02/19 18:06】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック