なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 脳内の混乱・エントロピーが極大になる。が、今日は自著を読み直すこと。そう考えられれば割と沈着冷静に推敲が進む。イージーミスが結構見つかり、ヤバかった。一通り終わって昼。一昨日の医者でもらった処方箋を薬にしてもらったので、それを取りに行く。後は適当に食事して帰還。行動は出来るが、どうも一発が無い。
 午後は事務仕事をしたり、研究的なことに頭が行く。研究の成績書を書く。他にトラップが無いかをチェック。メール1通を考えるのが厄介だったが、コレは明日。他に芋づるでやってくる系統もすませ、考えたよりは動けたと思う。そうありたいが…
 一息ついたら丁度帰っても良いか、という時刻。適当に片づけて、今日は退出。コンビニに寄って帰宅。

 明日やることをリストアップしてなかったな、と気づく。明日は論文を出稿したいのだが、OKかどうか?をチェックする事。終わったら出稿。外部資金の理由書2通を書くこと。メールの回答…でいい筈(ここに書くことか?)。

 年末進行で正月がつぶれる!というのは良くある話だった。夏作が終わってもデータ整理がつかないとか、理由は色々。でもこの頃おは年明けではなく12月に結構会議がある。環境関係をやっているとある意味ずらしてできるので何とかなるが、夏作の人は死亡遊戯だよな…正月は過ごせるが。そんな訳で、年末に向けて様々な会議や領収書と呼んでいる成果や成績をまとめた書類を書いたり、なんだり。とりあえず済ませるべきは済ませた筈。或いは図にするものが1つ、明確化した。作業はあるが、時間的難はあるまい、と考える、が、どうだろうか…。何か厄介な地雷や機雷が埋まったり狙っていたりしそうだ。

 そして明日から皆走れの12月である。はてさて、大丈夫か?自分。カレンダーは色々埋まっている。土日に出勤もあれば、大掃除を当て込んでの年休も入れている。会議傍聴やら色々ある。充実ではなく振り回されるうちに終わっていきそうだ。かなわん。提出物を出す以外予定のない来週月曜はそれを送ったので年休を入れた。安静に休もうという寸法だが、はてさて、大丈夫だろうか…

 昨日やってみた機材の稼働試験、思う所あるので点検して再度実行することにした。どうも解せない現象が起きているし、試しておきたいこともある。もう1つ稼働&バッテリ消費の試験をしていない機材がある。来週月曜、もし元気だったらやってみよう。稼働は確認しているけど、まだやっていないバッテリ試験もしたい。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2023/11/30 18:40】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック