なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 気が付けば13時間眠っていた。そんな朝と言える時間に起きる。つまり昨夜は相当早く眠っていたという事になる。寝だめする気はないが、眠ってしまうもののようで。
 という事で目がサッと覚めたら簡単な電子工作を始め、午前中に回路を一通り作り終える。
 小雨の降る中、妻の買い出しに車を出す。帰ったら一休みして、回路の配線に間違い、不足、ショートが無いかチェック。通電してPICマイコンやOPアンプのソケットで間違いなく電圧がかかっているかを調べる…のだが。最初に通電インディケータのLEDが点灯しないのが引っ掛かる。重々調べて部品配置図とその裏面の配線を調べていき、簡単なミスであることを見つけたのはあとの方だった。とりあえずショートしてなかったし。他にも気づきにくいはんだ不良がままあり、基本は大切と思う。配線自体には、通電用LEDを除き問題なかった。勿論、回路図と部品配置図を比べて確認したけど。
 最後は回路にカメラを繋いで稼働試験。問題なく動くことを確認して回路もファームウェアも問題ないことを確認。後はケースに詰めること。他、予備用の接続用のシールド線にイヤホンプラグを取り付けて、導通チェックなど。
s-DSCN2464.jpg
 こんな感じ。手前側のイヤホンジャックが音信号入力、奥側はカメラに繋ぎ、音信号が入るとシャッターを押す信号を18秒間出す。
s-DSCN2466.jpg
 反対側から。LEDは2つ。未だ青色LEDが無かったころは赤、黄、緑はそれぞれ同色の樹脂でできていたが、今は透明がスタンダードかもしれない。高輝度・超高輝度系は大抵透明で、そっち系を買う事が多いからかな?昼に使うのでどうせなら、と高輝度ものを買ってしまう。
 背面はさらに褒められたもんだじゃない仕上がりなので載せられません!
 細かい作業にはクリップオンで眼鏡の前に付けられるルーペやおなじみハズキルーペが必須。鉛はんだのフラックス(松脂)に比して、鉛フリー半田のフラックスはなんか鼻につんと来て目にも刺激がある。いい気はしない。以前あきばお~で買ったスタンドライトに扇風機がついていたのはフラックス除けのため?いや、半田付け時に、なんてなかったし…。

 夕食は鍋。美味しくいただいた。温まった。
 で、お腹と身体が落ち着くまでの時間にこれを書いている。
 …何やかや、1時間経つけどおなかは未だ重い感じ…?どういうもんだか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2023/11/26 19:13】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック