なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 熱はすっかり下がり、軽く「なんか変な感じ」が続いている。
 横になってMookを読むのは厳しいが、なんとなく「レンズ構成図で個性を知るオールドレンズ解体新書」(ホビージャパン刊)をばらばらと読んでみた。古い写真用レンズを古さゆえある収差(簡単には絵がシャープに映らないこと)を味だと考える、撮って楽しみ持って喜ぶ愛好家(好事家?)がいることは8、90年代…フィルムカメラの時代から知ってはいたが、先ずマウントアダプター、ついでネット通販やオークション、そしてミラーレスデジタル一眼によって大衆化した感がある。このムックの良いところは、少しはレンズの構成の歴史、構成の一般名称やネイティブに発生する一定の個性のくくりを知っておこう、というところがちょっといい感じだ。
 が、より基本から蘊蓄を語る前の基礎知識として、「カメラマンのための写真レンズの科学」(吉田正太郎・地人書館・1997新装刊)は必須だと思う。新がある限り旧もあって初版は1979年、内容はもちろん今手に入るオールドレンズの構成で古いところのトリプレット、テッサー、ガウス(今的にはダブルガウス)、といった系統はその誕生から語っている。悪く言うと決して新しい内容の本ではない(そんなレビューもついていた)。が、オールドレンズが1つのクラスターとして認知される現在、一周回って新しい本として読めることになったのは有難いことだ。ちなみに私は大学に入ってから早々に購入した本のうちの1冊。カバーはずいぶんとヤレて紙の色も変わったが、買い替える気はない。2200円という受講料は購入したいレンズに比して1-2桁安いと思う。

 名著復刊というと、「反射望遠鏡の作り方―設計・鏡面研磨・マウンチング」(星野次郎・恒星社厚生閣・2009)も外せない。読んだ40年以上前でも図版や設計図の絵が古かったが、調べたら1974年。詳しくは掘っていないが、星野次郎氏は反射望遠鏡の鏡の製作の第一人者と言っていい方。その大著が復刊していることを知って、これは「買いなさい」ということかと考えたのだが、価格には二の足を踏む6600円。
 収蔵し、時にパラ見してその本から連鎖する様々な思いを馳せる…には、ちょっと辛い、か?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2023/02/01 17:36】 | 徒然
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック