なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学の物質循環研究者の日常~
 このところ、海外旅行の航空券サイトを見ることに熱中している感がある。
 4月はオーストラリア、主目的は日食観測で僻地なので、個人でも行けないことはないがツアーに乗る予定。天文雑誌協賛になったので、現地との調整が大変そうだけど、多分実行されると踏んでいる。けれど気は逸るもので、航空会社がカンタス航空と思いたいが、マレーシア航空?あるいはシンガポール航空か?となると荷物の制限がきついな、と考える。何時に出る航空機だろうか、空港は?と調べると、カンタスは羽田から、平日なら夜の便があることに年休の関係上ちょっと安堵したり。…昔エールフランスでパリ経由イスタンブール行きというのをやったときは、深夜発なので仕事の後に空港に行き、妻となんとなくロマンチックな気分で飛び立った。イスタンブールに飛ぶまでの間が半端に長いので、デイユースでシャルルドゴール空港のシェラトンホテルを使ったのだった。オーバーナイトユースでは躊躇する額だが、それ以外は割とリーズナブルに居られることに驚いた。

 個人旅行OKなら、7月には妻とベネツィアとローマ、バチカン市国に行こうとも話す。戦争のおかげでえらいこっちゃだが、ターキッシュエアが時間的にナントカ許せそうだ。ベネツィアからローマまでは電車かな、と。インターシティかユーロライナーかなんかだろう。1等車の冷房が効いているといいけど。昔イタリアで乗った一等車は冷房が効かなくて、じんわり暑くて車掌さんも検札しなかった。2等車も冷房が効いたり効かなかったりだった。ちなみに鉄道で時間通りじゃない、ということはイタリアでもスペインでも、とりあえずなかった。くし形のターミナル駅を構える重厚さのある向こうの鉄道、存外に真面目だ。

 来年こそ海外での学会に行きたい。どうやら、8月末~9月頭のオランダ・ワーゲニンゲンでの学会は真面目な学会なようなので、とりあえずエントリーしておこう。プロジェクト研究の関係で予算が取れるかという問題はあるけど…うまく妻と合わせられれば、イタリアは御免させてもらって、こちらで今年の海外旅行を代用させてもらえたら、時間的にありがたいか。

 プライベートでも仕事でも、韓国には行きたいのだけど、今の渡航関係はどうなっているのかな?ああ、これも一応調べておくべきか。LCCで安く行けるのはありがたいね。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2022/11/20 20:19】 | 徒然
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック