なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 シャキッと起きた朝ではないが、精神的には意外といい感じ。
 午前は集中力も上がり、書き物をした。そしてプログラムを見ていき、間違いは無い事を概ねOKの筈と思う。
 昼はパン食。
 午後は眠気を戦いつつプログラムを書いていくが…今日はここまで、と読み物に移ろうとするが文書が読めない。短期記憶が出来ていない。参った。
 定時に退出。道が思ったより空いていて流れが良かった。
 帰宅。ちょっとしたアクリル板の工作。丸の大穴を2つ開けるが、充電式ドリルでやるのはコツが要るな、と思った。
 終わって軽く食べ、これを書いている。調子が出たのは良いことだけど、読み物が出来ないのはキツイ。
 明日はオンラインの会議が午前、午後は空白。

 今日は自転車の整備して、チェーンの伸びを修正しようとしたのだが、後輪のハブに付いて居るナットに手持ちの組式のコンビネーションレンチに合致するものが無くお手上げ。15mmが必要なのだが…明日は雨なのでレンチを入手し弄るにも至れず。来週に持ち越しか。

 で、久々に読了書のメモ。「データサイエンティストの要諦」(幻冬舎MC)
 要は分析して結果を出すだけじゃなく、目的に対しデータから考えられる対策方針、或いはその選択肢を言えるようにしよう、という事だった。私も割と多量のデータは扱うけど、目的があって結果を考察することであって、計算自体は手段に過ぎないのだが、巷ではわかっていないという事か?と。どういう人がデータサイエンティストになるのかは分からないけれど、私的には見るものの無い本だった。

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/06/03 18:31】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック