なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 昨日はどうにも眠くて、何をするまでも無く、横になったら今日の朝の遅い時間に目が覚めた。
 妻が外出し、自分は10時からのの自動車の整備をしてもらいに行く。シビアコンディションではないが、8200km弱走っているが、出来ればもう少し早めに交換したほうが良いと言われる。自分で替えないと、どうも雑になるな、と実感。後輪のパーキングブレーキの調整もしてもらう。通常より少し時間がかかったのはその所為の模様。後、単三電池を100均に求め、何となくラーメンに半炒飯を付けて頂いてしまう。
 昼に帰宅。でもあまり気は向かず。行けたらだけど、皆既日食でどんな画像・動画を残すかと考え、もう一方で必要になる機材の事をあーでもこーでもと考える。そしてチョイと機材の重さについて考え、実測。思ったより重い!が、豪州ならカンタス航空で、預けは30kg、機内持ち込みは7kgというのには収まる筈。国内線は23kg預けに115cmまでの荷物10kg1個或いは105cm2個合計14kgなので、うまくやれば37kgである。問題は持込みの7kgにカメラとバッテリ、出来ればレンズ類も持って入れるか?この辺に気をもむのは来年の事としよう。先ずはどんな画像・映像を狙うか、である。
 楽しく悩みつつ、週末からの旅行の準備をする。先ずは衣類、次いでカメラとバッテリ、スピードライトに三脚。フェリーの乗船券も忘れずプリントアウトする。後は免許とお金くらいか。
 そうこうするうち眠気がやってきて…横になるが眠れず。なんとなくKindleで漫画を読む。が、意外と意識がはっきりしているので、起きだしてこれを書いている。

 佐渡の天候がこの所悪くなる方向に動いているのが悩ましい。2日のうち1日天気が良ければ、という考えで大体の行動は決めている。ずっと雨の予報ではないが、流石に雨は冴えんもんがある。

 フルサービスの床屋も良いのだけど、この10余年はカットのみの床屋に行っている。特に拘りは無いし。昨日帰るときに切ってきたが、あの手の床屋の定番で最後は掃除機見たいので髪を吸い取るが、あの音の大きさは敵わん!のだけど、行ったところがチョイと良いサービスを加えてくれた。耳周りでバキュームするときに耳の穴を塞いでくれるのだ!店員さんとしてはひと手間だけど、これで随分と音が楽になるのはとても有難い。近くにある同じ系列店に行って見て、このサービスが何処もあるなら贔屓にしよう。

 という事で今日はここまで。明日の勤務をもって後は5日の休みである。スカッと気分を持ち上げて喝を入れたいものです。

【2021/04/29 20:31】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック