なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝は割と早めに動きだせた。座談会の資料を作り、終わったら学会の要旨を書き、昼前に要旨を送り出し、今日はパン屋さんの日という事でパンを買い込んで、部屋に帰ると…外に出るモチベーションが落ちた。晴れてうららかに感じるが…気分が落ちている。とはいえ読み直しは出来るので座談会資料を見直して出稿。これで第一段階終了。
 午後は気が落ちた。以前あったプロジェクトの報告書を読んだりしている間に時間は過ぎ、定時になった。
 どうでもいい位疲れ感が出てダメ。運転に注意して、途中でチョイと食べて後は直に帰宅。
 帰ったら横になり、心身を休める。何なのかな?この体調、と思いつつ、Kindleと紙の本を見ていく。眠くは無いので起きだしてこれを書いている。

 いろいろ思うところはあるのだけど…何か纏まらない。
 ニコンのデジイチを外部制御するためのソフトウェア開発キット(SDK)はC++で使うのだが、C#で使えるようにするWrapperというものがあり、その中のデモソフトにフォームアプリがあるのを確認した。これを使えばこれまでフォームアプリから本質的にデジイチを駆動するコンソールアプリを呼び出すというあまり意味のない行為(起動が楽になるだけ)を、フォームアプリだけで作れる。という事で一昨日の夜からプログラムリストを見ながら考えていたけど、何となくその構想で必要なことが見えてきた感がある。今夜から、とも考えるが、まあぼちぼちとプログラミングと稼働実験をして進めてみようと思う。

 明日の午前に予定は無いが、午後は来週水曜午後の座談会のリハというか、通信実験をする事。調子よく進められるかな?
 明後日午前は妻の所要のサポート。午後は考えていないが、雨が降り出すかも、という事であればプログラミングをやって行くか。疲れたら読書で寝落ちするのも良いか。…兎も角、心身を上手く休めよう。

 5月26日は皆既月食であることを知る。高度が低い所で起きるから、星座バックの月ではなく、星景写真的な地上と月という取り合わせがイケると思う。大体の感覚を得るなら今月の満月25日を使うのが良いのだろうが、ちょっとした用があるので26日に行動することとするのが吉か。全行程3時間ほどだから、アクションカムの稼働試験も兼ねるのが面白そうだ。今週末はその辺のネタを考えるだけとして、行動はまた後々としたい。今は休もう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/04/15 20:08】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック