なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 よく眠り、遅めに起きる。心身の調子は悪くない。自転車で出かけるのもいいかな?と思ったが、結果的には家を出る事は無かった。
 後2年程でインド洋から太平洋に抜けるオーストラリア‐インドネシアでの金環皆既日食となる。本当に行けるかどうか?は謎というか、何とも頼りない国内・世界情勢であるが。
 とはいえ準備だけはしておきたい。ので、三脚に載せた機材の水平出しに、レベリングベース(リンクはアマゾン)というモノが使えるかをチェックした。三脚と自動導入経緯台の間に噛ませて自動導入経緯台の水平を出すのでどうかと考えた。が、結果、使えない!という事が判明。垂直方向に載ってくる加重には強いが、片持ち経緯台では荷重が載ってくる方とひっぱられるほうがあり、引っ張っられると水平出しのネジ内部にある伸ばすときのテンション用のばねが伸びるのだ。ネジ類はスムーズで剛性感はあるし、微妙な調整がネジだけで出来るので残念なのだが致し方ない。昔の赤道儀のように、三脚の足の出し入れで対応しよう。
 自動撮影装置が概ねできたので、その組付けもしてみるか?と思ったが、そこまでは気合出ず。最終的な全体の組付けと稼働実験まではまだ少しかかりそう。並行して色々作っているのがイマイチ宜しくないか。

 あまりバリバリ何かしたいかというとそういう事も無い、のんびり過ごした1日。明日は座談会資料作成か。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/04/11 20:46】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック