なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 昨夜も相応に早く眠り、今朝は遅く目を覚ました。
 時より日も射すが、基本は曇り基調で午後外に出た妻によると雨な急に降ったり止んだりだという。
 午前は気になっていた、先日穴を開けまくったアルミ板のバリを面取り用の刃で取る作業。昔はドリルの刃でやっていたが、専用品はやっぱり違う。ドリルだと食い込んでいくが、こいつはしっかり押さないとバリも削れてくれない。後は2か所切断する事と、タップを立てるのが17か所。粘るアルミにM3ネジを切る事になるし、腰を落ち着けてやるなら屋内だが、切削油をそれなりに使うので、少し場所を考えたいと思う。
 後はプログラミング。C#でデジタル時計を作るのだがどうもうまく行かず。なので色々実験してみた。午後の一睡後に何とか解決。他にも気になっていた所の解決がされたので、調子的にはイイ感じ。
 夕食、そして風呂。ノンビリした1日が終わった。というか、力の出なかった1日かな。

 先日、「オールドレンズはバベルの塔」(澤村徹・2021・ホビージャパン)を読了。
 ミラーレス一眼にマウントアダプターを使う事で、その昔のレンズを蒐集しつつ、ひとの手の匂いのあるレンズを味わうという沼に正しく落ちるためのガイド本。大学生の頃だか、カメラ雑誌でもオールドというには何だが、製造年が違う事でどの程度写り・色が違うか、という記事があったが、そのもっと古いレンズからのバージョンか。まあ確かに楽しい趣味ではあるだろうけれど、私はそれを楽しむ口ではないし、況や集める資金を捻出できるかと言われたら、無い。加えてレンズを味わうより、写真の技術を上げた方が余程ためになる口なので、縁は無いかな。まあそういう趣味のクラスターがある、という事の認識を得た1冊。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/04/04 20:04】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック