なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝は何とか起きられた。
 昨日より5分早く出発、8分早く到着し、出勤。椅子に座って暫し…と時間が思ったより早く過ぎていく感じで、気付くと意外な時刻。コーヒーで気分を変えて、昨日の続きでこれまでの論文クロニクルを書いていく。一息ついたらいい時刻。コーヒーやパンを売りに来ているので、買いに出る。
 昼、空腹感は感じるけど何か食べるという気合が無い。兎も角買った総菜パンを食べて、今度はインスタントコーヒーを買いに出る。
 そういえば今日から新年度。だから何、ってところでもあるが…研修施設は新人研修で一杯かな?
 早く帰ったので、ノンビリと午後の助走。そして別の原稿のことを考えて、書き込むがどうも纏まらない。途中書式を取りに総務に行き、書き込んで管理職に出しに行く。2つの原稿に再度悩むがどうも落としどころが無い。どう考えるかねぇ?と唸るうちに定時を過ぎていた。脳内が相応に過熱固着しているので、クールブレイク。そして退出した。
 半端に遅い時刻になったが、帰路は驚く程スムーズに進んだ。本屋に寄って発注していた本「星座の起源」(近藤二郎・誠文堂新光社)と「AM/FMラジオ&トランスミッタの製作集」(トランジスタ技術編集部・CQ出版)を入手。共にこの出版社ならこのタイトル、という感じだが、誠文堂新光社も手広くなったなぁ…と農学関係や色々出すようになったと思う。こんな考えを持つのは、「初歩のラジオ」「天文ガイド」と言った月刊雑誌、電子機器を製作する関係の本や天文学の本を数々読んでいだ・読んでいる事に寄るのか。確かに昔は読んでいないけど「フォローリスト」(花関係)や「愛犬の友」も出していたけれど。でもCQ出版はあまり読んでいないかな?
 本屋をざっと周って、帰宅したのはマジックアワーも終わる頃。帰宅したら軽く食べ、眠気が…風呂が…と思ったが、寝床にバタン。でも眠りに落ちなかったので、気分が充実したところでこれを書く。

 アイリスオーヤマが内容的には軽いけど、ガタイは大きく1.3kg程と重いノートPCを出したとかである程度の炎上になった模様。確かにフルHD液晶は良いが、CeleronにRAMを4G、SSD64Gで実売4.4万円は高いと思う。同じ価格・同じ重さなら中古でCore i5なノートPCを探せば思った以上に選択幅が出るのではないか?と思う。宣伝する気は無いが、実名を出すならPCコンフルやイオシス、じゃんぱら、と言ったところで比較検討すれば、それなりの品が手に入るだろう。ヤフオクでもショップが定額販売しているし。ストレージ32GBだとWindows Updateに技術が要るけど、64GBあれば大体何とかなる…という意味では、最低限のモラルを守っているとも思えないでもないが。
 今のCeleronより2-3世代遅れてもCore i、と割り切ってしまうのは、PowerPointとWebブラウジングでこのブログの更新を出来ればいいや、という感覚から。まあその程度の軽い扱いならセレロンでも良いのだろうけど、ストレスにならない速度、と考えるとどうか。それに何より価格が高い。あと1.5万位安ければ、同じスペックでも炎上は無かったんじゃないかな。
 他、割り切れる理由には、自分の用途が決まっている事…先に書いたことの他、海外で自機を使うならひたすら軽いが正義である。然らば、という事で今や6世代ほど前の800g切の偉く安いモノをその用途にと入手し、コロナ禍で国内でのみの使用だったり、或いは日食機材(デジイチのコントローラ)として、ドンキの情熱価格品・NANOTE(19,800円)も手のうちにある。こいつの凄い所は、1ポートとは言えUSB3.0ポートがあり、タッチパネルであること。CPUはセレロンに負けるAtomだが、制御+α割り切れば使える品で、観測終了後に撮影データを高速でバックアップすることに使える。実は8インチWindowsの軽量タブレットも持っているがこいつはタブレットにありがちなUSB2.0しか持っていない。制御には十分なパワーがあるのだけどね。
 今のPCをどれくらい使い込めているか、と言われると、自信は無いが必要と思える部分を選択し、必要な部品の組み合わせは出来ていると思う。結果、CPUは強いがグラフィックはそこそこなPCとなっている。用途は写真データや必要なら動画を弄ることなので、必要なのは速いCPU。他、Webを見る書く、には力はさほど要らない。後、システム&プログラム関係はSSDで多めに積む事とし、データ用には信頼性のある大容量と言えるHDD。バックアップ用に他のより大容量のHDDも。BTOするとどうしても好きに組めなくて、好きに組むと1から自作して好きに組んでも同じくらいか少し安い価格。実際はケースと電源、カードリーダー、必要に応じてグラフィックボードなどなどを使いまわす事も多々あり、となれば、相当に安くできる。
 目的があるから、組み方も決まるし、ノートPCに多くを望まない。初めて手にする時はどうか難しいが、でも座学は出来るので、一拍置いて購入すれば、と思う。五木寛之を真似て1年近くカメラを学んだし、結果的に車も学んで、購入した/することになった。新品であることにどれくらい価値を置くかという事もあるが(アイリスオーヤマPCの一番の意義?)、難しいかな?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/04/01 21:16】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック