なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 上手く起きられなかった朝。でも出勤はまあまあパリッとして席に着いた。それが速攻研究体制に入れるかというとイマイチだが。朝一に管理職から依頼があり、少々タブレットを弄った。が、うまく行かず、後初期化後にネット接続が必要なのでOTGケーブルが無いと手が出ない状態に。一時調子を落とすことも無く、午前の終わりは論文をパラ見して、早弁した。
 昼休みにPC関係のものが多くありそうな店に出向く。OTGケーブル、と言ったら店員さんが「?」だった。「スマホとかに使うmicroBとUSB-Aメスの変換ケーブル(内部結線に工夫はあるけど)」と言ったら、PCオーディオの所に連れていかれた。実際あったけど…金メッキはごついぜ。なので再度USB関係のケーブルコーナーを見て回ったら、見つけられた。何故先ほど見落としたかな…ともあれ必要な部品を手に入れ、帰りに軽油を給油して帰着。ホッと一息、気付けば職場のオンライン集会。終わったら午前の続きでタブレットを使用可能にする。Googleアカウントは手ごわかったが、終わって職場用に必要なソフトを入れて完了。動作チェックは…?どうやるんだ??
 定時前だったので暫し今日考えた事や明日手を付けておきたい事をメモする。今日をまとめてPDFファイルの整理をして、片付けたら退出。
 外は少し涼しいが、いい感じの天気で桜も随分と開花し、遅めの樹で5-6分、早めの樹で7,8分と言ったところだろうか?明日はカメラを持って行こう、と思う。…あ、でも昼は処方箋薬局に行くか。となるとストロボも持って夕刻~夜桜も良いかな?構内道路は花見客でちょっと嫌な混み方だが、何とかなる流れ。土曜は凄いに違いない。早い樹は相当散って来るんじゃないだろうか。

 帰宅。妻からメールで駅にちょっとしたものを持ってきてほしいと頼まれ、駅で落ち合った。帰ってメールを見ると、読めなかったメールがあったが、問題は無いから良いか。駅前スーパーで買った蕎麦を食べ、一息してこれを書く。

 桜は国の花であり、それなりに海外でも有名らしい。昔4月頭にカナダ・オタワに行ったとき、ホテルのレセプションの人が、弟が日本に行った、というので、今は良い気象条件の時期ですね。桜の花が美しいですよ、と答えた所、まさにそれを望んでいた、との事。Lonely Planetにも乗っているんだろうか?鴻上尚史の「クール・ジャパン!?」(講談社現代新書)に花は愛でるが紅葉は愛でないという話があったけど、実際、紅葉もとても美しいよ、というとピンと来なかったのが判り、何か腑落ちした。紅葉より桜、なかなか難しいものだ。
 が、「桜は本当に美しいのか」(平凡社新書・水原 紫苑)によると、万葉集には勿論、枕草子に至る中世まで愛でられるのは同じバラ科の梅だったのだそうだ。個人的に興味があるのは、「桜は散り際が良い」という価値観が一体どれくらいに現れたのかだ。江戸のどの時期かは分からないが、江戸時代の民俗に詳しい故・杉浦日向子は、江戸時代には木を植え替えながら一月以上楽しんだという。こういう贅沢を考えると元禄?とか思うが、私は知らない。
 個人的にどうも品を感じない宗教法人靖国神社、見てみたら参道に多いというか、奉納された殆どの桜はソメイヨシノやオオシマザクラではなく葉と花が同時に開くヤマザクラ、散り際というとイマイチではないか?
 長めにとると、この6,70年の間に何があったのか?この変節を、歌人・水原紫苑は論じていない。
 早く散る事の価値は、市内きっての桜の名所であり、菜花もまた宜し、なロケーションに働く私には、構内が混む故の我慢が2週間ほどで済むことだ。まあ・・・昔ほど凄い事する団体(工事現場用の投光器を持ってきて夜桜を楽しむとか)が無くなったし、目くじら立てる事じゃないけど。或いは特養ホームのバスが結構来る分には、是非思い出としてほしいと思うのである。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/03/24 21:06】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック