なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 妻の関係で0500時起き、0600時発で要件をこなすべく出発する。
 高速道路の情報を見ながら、この渋滞は極めてヤバい、と読んで、圏央道を使って渋滞ポイントを避ける、が、そこも発生ほやほや事故渋滞で、これには泣けた。鶴ヶ島JCTからの下り関越道は相応に混んでいたけれど、一番厳しい所を迂回できたのかな?という事を高坂SAの道路情報を見ながら思う。にしてもSAに随分と人が多いぞ!?とは妻の弁。実際そう思う。都心を早い出発時間だろうけれど、緊急事態宣言が開けるのは明日だよ?と。
 そこから目的地へ。到着後こなすべきをこなし、終わったら一息入れて昼を食べて、帰路に就いた。
 ここでは上りに大渋滞。完全停止はそこ迄無かったのは良いが、追い越し1車線を塞いだ事故がここまで渋滞を呼ぶとは。興味深いが、関心はしていられない。上り、という事は1都3県以外からの都心への流入だろうか?ラジオではトンデモナイ上り線ほぼ全道路の渋滞を伝えている。こりゃ緊急事態宣言明け前の前祝か前夜祭かってノリの思えた。
 追突と思える事故を3件見て、路肩にパンクや故障で止まる車を3-5台は確実に見た。ここに盆暮れ族系の恐怖を感じないでもなかった。慢心はしないように考えても、問題は誰もが発生させ得るものではあるが…。

 下道も相当に混んでいた。高速が混むときは下道も大変が通例ではあるが。ディスカウントスーパーで買い物をした後、カーナビのVICS情報ではなくタブレットで道の混み方を見ておいて、こちらは大丈夫、と思える道を走る。上り線なので随分と混んでいるが、ファミレスで背後でアヤシイ知識の会話をしているのをBGMに、夕食を食べていたら概ね解消した。2000時迄じゃないので驚いたが、ココは1都3県じゃなかった。ムゥ。

 帰宅。250km強を走り、少し心身に疲れが出た。が、多分大丈夫だろう。
 5月の連休は新潟~佐渡島~福島を巡る旅行をしようと話している。今日の早朝と言って良い時間の関越道の混み方を考えると、心して出たほうが良いな、と妻と話す。心して、思い切り早朝に出よう。連休を舐めてはいけない。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/03/20 21:03】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック