なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 よく眠ったが、まだまだ眠りたい・・・が起きられた。
 食事を摂って出発。注意力は出たけど、何かが足りない感じ。それは午前中ずずっと続いた。
 何しろ先週一仕事終えたので…と思ってこの空白感に満足できる様で出来ない。そう、難関というか、時間を山と食うと判っている最後の計算があった。これもプログラムで済ますのだが、うまく行くか?と考えながら事を進める。プログラムの改変は直ぐに終わった。次は実行…が、こいつ、1つ計算が終わるのにかなり時間がかかり、ブレイクポイントを置いたりするが、途中でどうも暴走するっぽい。何度かExcelを落としてリセット。1計算に20-30分くらいかかるのがキツイ。
 昼食は雨の事も有り、携行食。賞味期限を1年過ぎていたが、美味しく食べられた。
 その後またプログラムのお守り。次の談で実行するプログラムを書き換え、最後まで走らせる。出来てみれば結果も悪くない。ただそれが1とおり出るまで小一時間かかった。その当時は力持ちだったであろう、E3のXeonを積んだワークステーション。HDDが死んでどうも上手くない、という物をSSD+HDDに載せ替えWindowsを乗っけて使っている。修理というにはおこがましいが、一応修理と言えるらしい行為をしたPC、でもXeonなら、少々古いがもうちょっと夢があっても良いような速度であってほしい感じがする。家の8世代Core i7のほうがこんな仕事関係ではずっと速い。
 今日やったことを最後にまとめて終了。定時を過ぎてイマイチ・二な午前にしては上手く動けたか、と思いつつ帰宅する。
 なんか疲れてる感がある。
 どうしたものだか。

 帰宅、暫し休み、眠りに落ちずに少し元気が出たのでこれを書く。

 PCで一番壊れやすいのは電源だという。実際1回壊れ、電源を購入し修理したことはある。自作をするより前だったが、PCは基本間違ってコンセントが刺さらないようになっているので難は無かった。今に機材・ヒューレットパッカードのワークステーションは何故かHDDが死んで、データ回収できぬまま廃品となるところをSSDとHDDのハイブリットドライブにした。が、どうにも遅いのでRyzenマシンに切り変えたいと思って居る。が、未だグラボが届かないので火入れに至っていない。旧式のグラボならあるのでそれで作ってしまうか…でも今は微妙な時期。今週は予定が無いから、やるなら早い方が良いか。色々考えるけどどうも気合一閃とはいかない。
 この辺の煮え切らなさが今の状態なのかもしれない。

 海外には出られない。今年も旅行は無理だろう。ならば今年分を積み立て、来年行ける可能性が出たら!と無銭旅行をしてみた。
 目的地はイタリア。アリタリア航空で夏休みシーズン前を狙ってみたら、エコノミーが1人11万弱!プレミアムエコノミーが倍、ビジネスが5倍だった。アリタリア航空はこの3クラスだけでファーストクラスは無い。流石にビジネスは無理。妻と一回豪勢に行って見よう、と話したのでプレミアムエコノミーが居住性がかなり良さそう。ローマに到着したらベネチア、戻ってバチカンに行く。ホテルのポイントだなんだをつぎ込めば、まあまあの宿に泊まれそうに思う。飛行機、これで機材がA380だったら、でなくてもB787くらいは…と思うのだが、B777かA330の模様。A380はロサンゼルスへシンガポール航空で行ったときに凄く静かで感動した。ハワイアン航空のプレミアムエコノミーはちょっと前後が広いだけだったが、この辺の定義はキャリアによって違うようだ。そのことを今回調べて理解した。成程、倍額か…でもこの倍額なら手が出ない事も無い。

 にしても、海外に出られないのがこんなに閉塞感を生むとは!
 考えもよらなかった感がある。

 次、東アジア窒素会議はどうなるか?去年北京の予定だったが。今年は東・東南アジア土壌学会連合の学会もあるし、11月にマレーシアというのは中々に興味がある所だが。来年、上手く仕切り直しとなればよいのだけど。来年夏の国際土壌学会(グラスゴー・UK)は生きたいぞ!!

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/03/08 20:10】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック