なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝起きだせたのが有難い。ただ食欲なく、でろーん、とした状態で出勤する。到着はまあまあ嬉しい程度に早かった。
 が、そこからが問題、何をしたら?という事が浮かばない。何かが抜けて居る。何度か喝を入れようとするが、どうもうまく行かず…。
 なんかダメダメなので、明日は妻と揃って年休にした。
 昼を食べて、処方箋を持って薬を取りに行く。何とか調子が出て論文を少し読み、メールの返信固め打ち、最後はデータを見て論文の筋に思いをはせる。
 退出後、ディーラーに行く。ハンドルセンターがズレたので、タイヤの取り付け角が変なの?と思いディーラーに調整をしてもらいに行く。テスターではOKだったので、ハンドルの位置を調整して終了。左右で切れ角が変な感じは受けないし、OKだけどなんかイマイチ感がある。何故だ?
 帰って軽く夕食。何か鬱症状が出ているので、気分転換・息抜きに行こう、と妻と話し、明日は房総半島南端を目指すことにした。
 にしても…妻曰く、午前にメールで連絡したら帰ってくる話がちゃらんぽらんなので大丈夫か?と思ったそうだ。う~ん。

 という事で、今日は無理せず早々に休んで、明日に備えよう。
 やるとしても、昨日読みこんでおいたWindowsのフォームアプリの作り方に準じてプログラミングする事位か。

 大学時代に間違って一方通行を箱バンで少し逆走した時、
 某悪友「お前、冷静だな」
 私「沈着冷静、ストレイカーと呼んでくれ」
 某悪友「それだけは言っちゃいけねぇ」
 というやり取りがあったこともあり、今更だが、ふと気になって、「謎の円盤UFO」でどんなものが今あるのか?と思い、Amazonを覗いたら、なんてことなくサントラ集が現行商品であった。そこ迄懐かし系と考えるつもりはなかったが、DVD/BDには「白蛇伝」(杭州の話だそうだ)、「太陽の王子ホルスの冒険」、「わんぱく王子の竜退治」、「空飛ぶ幽霊船」と言ったものがある事も見つけ、生き抜いた強者のアートになったんだな、と考えたりした。何度もテレビ放映されて記憶に刻まれた感があるけど、本当、歴史になったんだろうか?と考えると、ちょっと感慨深い感はある。東京には需要があれば供給があるという事のようで、今社会人の甥っ子は洋和問わず60年代アニメを山と見せられて育ったが、四半世紀前にはそういうビデオタイトルが提供されており、これらを集めて固めたレンタル店があったのだという事により驚いたものだ。今は無くなったが家近くのレンタルDVD店で古いサンリオ映画の「星のオルフェウス」、「シリウスの伝説」等を見つけ、でも見た時にはもう店が閉まる直前で涙をのんだことがある。7,80年代にサンリオが海外大規模進出を狙って作った70mmフィルム(フィルムの幅が70mmある。通常は35mm、写真フィルムはこれをライカ社が流用した)のフルアニメ、一回だけ「シリウスの伝説」は見たけれど、凄いクオリティでバタ臭いキャラが動いていたのは覚えている。ストーリーは高校の先輩の本で読んで知っていた。ノベライズという2次創作ではなく、完全同じ進みで素晴らしく良かったので、映像を見た時は感激もひとしおだった。他のビデオ店にもあるかな?と思って探したが見つからず、他のサンリオ映画も見たいな、と思って居る。

 まて、考えろ、強者なら今も手に入るか、或いはアマゾンで売られている可能性はある。或いは、プライムビデオになっているのでは?

 ちっとは今の作品も見たほうが良いのだろうけど…今はなんか昔見れなかったことが惜しくてみたい物が多いように思う。興味深いのは、本は次々絶版になるが、こうした映像作品はアーカイブされている事だ。電子データ強し!か、イヤイヤ、それではダメだ。Cool Japanという限り、マーベル還暦ヒーロー・ヒロインにヤラレている訳に行かないのではないか?
 少なくとも強者の作品くらい、国策で公開・再販する仕掛けを作っても良いんじゃないか?ねえ、文化庁さん!!

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/02/25 18:57】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック