なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 遅めの時間に起きだす。
 ミラーレス一眼カメラのテストで太陽の入った画像を撮影。画像素子表面で反射した光がその前にある赤外線フィルタで再反射して画像素子に碁盤の目状に移り込む「サッポロポテト現象」という物が起きないかをチェックしてみた。この現象、絞り込んだときに起きやすいので、日食の条件を模して絞りを開けた時と思い切り絞った意地悪な条件で比較してみたら、絞りを開けたF4では特に問題ないが、F22にすると結構発生した。やってみて、「へぇ」である。別のカメラでも試験してみよう。晴れたら。
 これをやっている時に、当然外に出る訳で、暖かいという予報その通りだと思った。これが水曜から下がり、木金は結構寒い模様。この時期に三寒四温って、なんか変に感じる。
 その後、何かあったかというと、何もなかった。日食機材の製作の進捗を簡単に考えて見てメモを取る。あと1年半の製作マージンがあるけれどそれを上手くと買わないとイカンというのもまた事実。が、悩ましいうちに昼下がりになる。午後、妻の案件でチョイと出歩く。ポータブルテレビというのは、通常の小型テレビに比して意外と・かえって高価という事実を知る。その後パスタを食べてちょっと休むも落ち着かない感が強い。
 帰宅、ちょっとだけ片付け、探し物をして発見したり、こまごましたことで時間が消化されていく。

 何をやったかを常に作っておきたいか?というと、そんな事は無く、ノンビリでいいとも思うのだけど、やはり何かやったという何かが無いとちょっ寂しいと思うのも事実。ちょっとした金属工作や気合に入った金属工作と言った物理的に何ややった!と思えるものに手を出すのが良いんだろうとも思うけど…

 引き出しを少し発掘して、失われた望遠鏡店・コプティック星座館の電話番号を発見。あの店、どうなったんだろう…?HPも無くなったし、東新宿にはないようだが。そのうち一回電話してみよう。

 という事で週末は終わっていく。1日出勤して、明後日は休日だけど、妻の関係も有り、早朝からCX-3を走らせる事になる。水曜は医者、木曜はディーラーにちょっと頼み事。あわただしく2月が終わって行くなぁ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/02/21 18:52】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック