なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 何とか起きて出勤。結構寒く、路面がまだ濡れている。冷気をそれだけ持っているのか。
 研究上は中々調子が出ず、無為の内に時間が過ぎる。が、午後には持ち直し、何とか論文を読む。でもまだ先は長い…
 昼はこの時期としては特異な暖かさ、自転車で走るのが気分良い。定食屋さんで弁当をお願いしたら少し時間がかかると言われたので近くのドラッグストアに行ったら、今日は特売だったようで色々安い。家に野菜ジュースと一味唐辛子、研究室にお茶菓子を買った。
 あまり感じてはいないが、心身に何か調子の悪さが潜んでいるのか、昨日はブログアップの後、横になって本を読んでいたらそのまま今朝になっていたし、少し調子を整えたほうが良いのか。いやアレは単純ミスが悲しかったんだという事にしたいものだ。…で心身のリセットに週末妻とチョイと出かけようと話している。このモヤモヤ感を変えるという意味では不要不急である。仕事が進まないのは何としても回避したいから。

 ハンドルは痛いと思う時がある程冷えるので、この時期の自転車用にと指先まであるサイクルグローブを何気に車用に使えるか?と朝やってみた。しかしこれ、失敗でグッとくるほど指が冷えた。余りに厳しいので外したが、付けない方がまだ何とかなった。
 北海道の鉄工所では皮手袋をストーブで温める事から冬の朝は始まる、とマンガ「とろける鉄工所」で読んだが、温めておけば薄手の豚皮手袋が今の所一番良い、と言うのがこれまでの経過。指先が冷える感はあったけど、ハンドルやシフトノブとしっくりと馴染み、手に反応が返ってくるところが良い。あと自転車用だとショック吸収用に詰め物があるけど、これが一枚挟まる分感覚が一寸よくない。そして、安い、千円しない、と言うのが利点だ。ピンキリだし、良いものは良いのかもしれないが、千の後半~万行くドライビンググローブを入手したいとは思わない。フィット感や良いものは良い、のであろうけど。
 今日は例外的に暖かかったけど、冬用サイクルグローブは矢張りよく、指先の冷えを感じず、振動に掌の軽いシビレもない。
 皮手袋、指先がダメになってきたら、先を切り落としてみようか?そんなことも考えられる価格の作業用の品、車の運転と共に加工も楽しんでみるか。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/01/14 17:57】 | 徒然
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック