なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 在宅勤務で今日は読み物の日…と思っていたのだけど、とてつもなく眠い午前と、それに斃れた午後前半、空腹にヤラレタ後半という何やってんだ?という1日でした。だーかーらー、依頼された査読は早く済ませましょう…2つあるけど(涙)。

 予報では雪と雨という予報だったけど、観測できたのは雨のみ。気温と湿度、霧雨にもならないけど雨による水の供給の所為か、道路は湿ったまま。これだと明日は、悪くするとブラックバーンの危険があるから、用心…なら朝早く起きて準備して、通勤手段の選択肢を増やすのが手かな?と考える。具体的には、電車と自転車にするか、路面が良ければ車でゆっくり走る事か。数年前に雪の後のピーカンな朝、放射冷却で路面凍結が所々あったため、事故った車を数台見るという恐怖を味わった。多分、ハンドルが軽くなったように感じたところが凍結箇所だろう。思い切り速度を落として普段の倍の時間かけてゆるゆる無事出勤したことがある。あれは運が良かっただけだと思う。その運が何処迄続くかな?という挑戦は可能な限りしたくない。賭博・博打(微妙に違うらしい)は、大叔父に言われた事も有り私はやらない。

 空腹にヤラレて、ショッピングセンターで食事したけれど、時間が時間だから?それとも外出自粛だから?フードコートはガラガラだった。こういう時のテナント料とか、どうなっているんだろう?契約上どれくらい営業を強いられるのか?そんな疑問がよぎる。店長職的にはきついだろうな。勿論、個人商店ならもっと厳しい筈だ。きわめて複雑で、かつ、いつ来るか分からないと評判の各種保護があるそうだが、だからって安心で来たもんじゃないだろう。

 7年ほどミレーのザックを使ってきて、基礎的な機能は全く影響ないが、スレ・ほつれで、品良くとはいかなくなった。で、容量35Lという以外は特に条件は設けず何となくAmazonでザックを買ったのだが、どうも大きすぎた。詰めてみないと分からないが、多分、日食関係なら活躍する大きさ。なので追加でコンパクトな25L程のもの…ITmediaというIT系サイトで紹介があって、結構安いものが見つかったので買い足した。Amazonからぐるぐる丸まって届いたので、どんなもんかと思ったが、確かに作りは価格相応。とはいえチョイと出かけるのに使う分には丁度いい大きさだ。ゴワゴワの防水外皮がどれくらい耐久するかは不明だが、意外と機能的である。今時らしく、内部にモバイルバッテリへのUSB A端子と外部にAメス口があるあと、イヤホンプラグを内部に通す穴も。この辺を使う事は無いと思うけど、こうやって付加価値を増やすんだな、と思うこと多少。取り敢えず使える機材が出来たのは有難い。という事でミレーのザックは、非常時の持ち出し袋にする事とした。

 にしても、何にもない空白の在宅勤務…明日からしっかりしなくては。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2021/01/12 18:25】 | 徒然
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック