なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 起きられない朝、朝食後は調子が出ないまま。取り敢えずExcelのワークシートを弄って、必要な結果を出すための下地を作る。調子は出ないが、何とか進む。一通り出来たが、エラーもあるので、その処理は午後に、と考える。…午後?何時もなら昼休みの時間がほぼ終わっていた。
 夕飯を焼きそばにしようと考えたので昼に麺類はないと考える。悩んだが、コンビニ弁当にした。
 午後は答え合わせだが、そのために必要な情報は研究室に置いてきてしまった。世界食糧機関…FAOのサイトでも調べるが、どうにも日本の統計と合わないな、と思える数字しかなかった。エラートラップを仕掛けた関数をコピペして数字を出していき、考えていた一通りの数字が出た。考えていたのはここ迄。あとは論文を読む事か。
 何やかやするうちに定時を過ぎていた。明日はどうするかな?と考えながら、一方で今日はここ迄と考え、焼きそばを作る。油を押さえたかったが、なかなか難しい。簡単な作りで豚肉は焼きすぎだけど、個人的にはいい感じかと感じに思えた。ラジオを聞いていて、いつも以上にクリスマスソングを聞かないけど、明日がその前夜祭かぁ、と考える。フライドチキンやピザが鬼のように売れるんだろうな、と思いつつ、今日はここ迄とする。明日の朝の準備をしないと。
 にしても、何かこうしていると5,6月ころの在宅勤務を思い出していい気がしないな…

 昨日、「C#の絵本」(翔泳社)を読了した。そもそも読了云々いう本でもないかも知れないが、C#一番の厄介なモノである"クラス"の扱いが一番わかりやすく、8章中3章を使って書かれていたので、それだけでも買いだと思った。本書にある通り、C#の肝はクラスを理解できるかどうかという、そのためにある本といっても良いだろう。他、C#にはいろいろな癖というか、簡略化の粋を行くような書き方をして行くので、その説明も良かった。まあ私はどちらも使わないかもだが。
 読んでみて思ったのは一番易しいけれど、一番最初に読む本じゃない、という事。BASIC(VBAだが)やCの入門+α程度が判る口としては、他の言語の基礎がある(C#も他に簡単なモノを読んで、コードが読めない訳じゃない)中で読んだので、ああこういう事を言いたかったんだな、と思い至るところが各所にあった。逆に言うと最初の最初に読んで、さあ何かプログラムするか、という事には使えない所ばかりでもある。やはり初めに、と言うと「猫でもわかる~」シリーズとか「10日間で~」くらいのものの方が良いと思った。
 という事で、クラスの事は関係ない、単純フォームアプリを作ることにしよう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/12/23 19:44】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック