なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 何度か目覚めるが、最後には布団の中でゴロゴロとして、気付いたら結構な時刻。そこ迄急ぐか?という事もあるけれど、やはり出掛ける事にする。自粛警察とか自警団とか言ってる輩は「こうでもしていないと自分が壊れる」とか言うようだが、文化の貧困はその昔のユダヤ人でも危惧した程で、所詮は内ゲバしかできないヒトタチよりより広範な問題である。その文化の涵養のために本屋へと赴く。
 先ずは昨日開店が10時、喫茶ティファニーがドトールコーヒーへと変わっていた定番の八重洲ブックセンター。ドトールだけは朝7時からやっているというから、0945時頃に入店し、あの中2階のテラス席から本棚や開店で入ってくる人を見るのも面白そう、なんて考えていたが、昼に入店して見ると、中2階のみではなく、半地下で以前は文具・ノベルティを手掛けていたスペース迄喫茶席スペース化していたのには驚いた。成程、外から見て2階に文具とあったのはその所為か。例によっての理工書・3Fで興味は方々から惹かれるがどうも焦点が定まらず、でも気になる本2冊とExcelをPython(プログラム言語)で動かすという本も何気に買う。4Fの新書選書も見て良かったが、見て選べるほどの調子が出そうになくて。この所5F文庫に行っていないので、新書の跡地がどうなっているかを見ておくべきだったか。
 小腹が減りドトールでホットサンドとコーヒーを頂いた。ティファニーの時はテラス席から本棚が見下ろせてちょっと乙な満足空間を感じていたのだったが、手すりからちょっと席が遠くなったのは残念。昔は1.5万円以上本を購入するとタダ券がもらえて、その時にはカレーを食べていたのだが、いつの間にかタダ券が無くなり、足が遠のいていたので、少し申し訳ない気分も。
 それから秋葉原に移動、ヨドバシアキバの3F・カメラとその関係品の所で目当てのフィルタを入手。のち有隣堂に行き、ポピュラーサイエンスや電子工作・マイクロコントローラ関係、プログラミング言語、サブカル関係を見て何気に3冊を購入。他、文具の所で薄い青の格子が入ったA5のルーズリーフが無いかと見たのだけど無かった。文具も見てると思い白いな…と思いつつ、書斎に無い青のボールペンを買う。ボールペンはJetstreamも好きだが青は特に長く書いていると途中でインクが出なくなるのであまり書けないので、SARASAを職場では愛用している。書斎には消せるボールペンを使うことにした。これの書き味も好き。付箋に書くときはボールペンが具合良い。日食機材製作関係でメモ書きやアイデアを書くA5ルーズリーフには万年筆を使っている。以前、文具の納品が職場であった時サインに万年筆を使ったら、珍しがられた。水に弱いので、研究ノートには使うのは厄介かも知れないと持っていても使う事は中々無いのだけど…。
 事が終わって、駅を挟んで向こう側の街に行って見るのも良いか?と思ったけど、どうも気分が乗らず、まっすぐ帰宅。
 往路同様、途中まで時代の流れをある程度追った現代アートの作家紹介文庫本を読んでいたが、途中で読めなくなり、Python本を読んで見たら、読めた。頭が飽和するのかな?

 帰宅。ふと気づいたら17時近い。自動車保険の切り替えをしなくては!という事で、Webがダメだったので急ぎ電話で切り変えの処理をした。これで安心して月曜午後に車を受け取れる。マツダCX-3はどんな走りになるか?楽しみである。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/12/19 17:55】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック