なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝起きるのがつらいが、何とか起きた。屋内や外に出た時はそれほど感じなかったが、車載温度計は+1℃、寒いのか…。この気温は職場に着くと‐3℃になり、一面の霜の風景は結構いい感じ。時間があれば自転車で圃場を走り回ってみたかったが、出勤時間がギリギリだったので止め。
 気分はある程度締まっているつもりだったけど、ポットの水を替えたりコーヒーを淹れたり…という事が考えから失われていた。イカンのである。で、ふと気づけばWeb会議の時刻。急ぎトイレに行って帰って、が、大掃除の余波で腰痛が来ているので、一歩一歩がずきずきする。
 午前中は会議で終わり、昼をサンドイッチとして自席で食べたらなんだか外に出られずに昼を終わる。
 午後は本格的にプログラミング。私のアルゴリズムの組方が悪かったところを直し、終わったら動かしては止まるので、そこで自由奔放な素データを直したり、実行をストップさせて変数の内容を調べたり。いやはや、参った。知恵熱は無いが知恵頭痛が来たように思う。そうこうするうちきちんと動いてくれるようになり、一息。が、息を抜いたら抜いたままになった。お茶を飲み、ちょっと調べ物をして、終わったら再度コードを見て…再度自分の考えの失敗を見るが、サブルーチンの小変更で乗り切れる、と思う割れるので良いか?と考える。
 定時を過ぎて退出。道は思ったより混んでいた。本屋に寄って、ついでにラーメンを食べて夕食として、帰宅。暫し休み、C#言語の本を読んで、風呂でさっぱり。そしてこれを書いている。

 明日からはプログラムの配列変数に取り込んだデータをまとめて基礎統計量を出すことになるが、For~Nextループを累々と重ねる事になると思う。頭の中の想像で進めるプログラミング。さてうまく行くかな。こういう形而上の事を考えるのは好き。現象を可能な限り少ない要素で上手い事描き出すのはモデリングの愉しみである。あー、だけど最終的には統計データのワークシートの取りまとめをやっておかないと。結構面倒だけど、必須な事。作業的なのは嫌だけどね。これを丁寧に扱えてなんぼでもあるので。あー、統計書足りているかな?

 という事で今日はここ迄。早く横になっておこう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/12/17 21:50】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック