なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 起きるのが辛い朝。霧がでていて、注意しながらの出勤の中で、ふと霧が晴れる瞬間があった。高度依存というか微地形でこれだけデジタルにキリが晴れるというのは、興味深い。煙突の煙が真っ直ぐ上るも途中でたなびき、消える逆転層の原理か?
 出勤してからイマイチの調子をコーヒー注入で調子を整ええ気分をシャキッとさせて、メールを見たら来週の会議の作業依頼があった。という事でファイルを探し、パワポに起こして午前が終わる寸前に提出する。
 出遅れた昼食は、コンビニ…なんとなくmini stopでチキンキエフとサンドイッチを買って食した。チキンキエフは初めて食べたが、一回だけ試してもう止めようと反省したコンビニのフライドチキンとは全く違う。胸肉だけど、バターとニンニクが効いてパサつき感はなく、しっかりした食べ応えがあって、意外とおいしかった。
 午前の仕事は取り敢えずOKが取れた感がある事から、昨日から続くデバッグを続ける。が、暴走して書いたコードが消えた。これには脱力し、後は余り仕事にならなかった。悲しいもんだ。マイコン世代(マイコン=マイ・コンピュータと、マイクロ・コンピュータ説がある)としては、必至こいてプログラミングをしていたら、誰かが電源タップに引っかかって電源が落ち、書き込んでいるプログラムが消えた、という話はよく聞いたものだが…走らせる前にセーブしなかった自分の罪が憎い!前述の話、んなもん小まめにセーブすれば?といいたくなるのは今の人か今のパソコンしか知らない人たちの事。当時は100円ショップで手に入るかどうかな「カセットテープ」が保存媒体で、一回セーブするのに10-30分くらい時間がかかってしまうのだ。
 精神的に折れて、小間事をして今日は終了!という事にする。時刻的にも…
 バックアップを取り、今日は終了。淡々と帰宅。が、何気にお腹が空き、ショッピングモールのフードコートで夕食を摂る。
 食欲の後には眠気…は余りなく、これを書いている。

 昨日作ったPICマイコン(こちらはマイクロコントローラ)のファームウェアを作り納得の動きをしてくれるようになった。ただ、カメラレリーズ半田不良か極性を間違えたかで光らない動作確認用LEDを調べて修理完了しないと動作試験には移れない。あと半田ごてのこて先が酸化してきたのでリフレッシュするペーストを試すことを修理前にしないといけない。ちなみに半田は鉛を含まないLead freeタイプ。鉛はんだの方が使いやすいし小学生から使っているので慣れているけど、ちょっと気が引けるのだ。
 あと、読書端末化しているAndroidタブレットのバッテリが弱って来たか減りが早いのでこれも何とかしたい。何とかする=買い替えになるけど。Amazonで見ていると10インチの大型タブレットが存外に安いけど、寝て持つには重いので、値段は同じくらいだけど8インチにしたい。
 これは自分用のお年玉か?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/12/11 21:07】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック