なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 何とか朝起きる事が出来たが、出発は遅く。冷たいレモン水を飲み、ウォーミングアップ…が眠気を覚えコーヒーを飲んでカフェインを摂って、日本語を話すより多くの言葉をデバッグで使って行く。感知したところで誤入力された元データを上手く捌くよう適宜プログラムを直していくが、間違いのパターンの多さには辟易してくる。つまり誰も使わないデータって事か?素データは行政由来だが、解析は外注なのなら、データクレンジング(間違いを直す)をしたはずで、その結果を頂きたいものだ。マジな嫌気もあったが、何とか押さえる。午前は結構な時間をデバッグと素データのミスを駆逐するトラップ・ルーチン作成に使えた。
 空腹感はあるけれど食欲は無く、適当に弁当で済ます。午後一で会議なので遠出の気合なく。
 その会議を待つ時間もデバッグに投入する。
 午後のWeb会議は速攻拒否症状が出る。が、自分が関係する部分はきちんと出て物事を拾った。後、生理現象は発生するが、大体は聴き、依頼ものが来たのでバックグラウンドで返す。定時外迄かかるが終端は余り関係が無いので逃げる事を考えるも、出席者の減が判らず、ちょっと気まずい。結局会議が終わるまで居たが、構内道路が混み始めるギリギリに脱出。ありがたくも幹線道路も空いていて、とっぷり暗くなったのもあり薄明の注意!を越えたのがちょっと有難い。本屋に寄って帰宅、妻と夕食を摂り、今日を締める。

 デバッグは続くけれど、明日は今日の続き。今日の仕事を考えながら、明日に繋げられると良いけど、なんか会議でモチベーションがダダ落ちになった感がある。職場の床掃除をやって大掃除したい。カレンダーを見ると、本当ならアルゼンチンに飛ぶ飛行機に乗っている時刻だな…そんな事を考える。皆既日食本番は14日を過ぎて15日になった0100時頃。どこぞかでオンライン中継しないかな、と考えつつ年休消化も兼ねて15日を年休にした。15日は家の窓掃除、床掃除の気合入れ版をするんだった。
 南米、行きたかったな。それ以前にフランスの学会にもだが。COVID-19にワクチンがどれくらいの時間効くのか?という問題はあるが、収まって欲しいものである。来年は南極で皆既食である。行きたかったが、時間的に無理だけど。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/12/10 16:32】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック