なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 調子に乗りにくかったが、見直せばプログラムには改善点…というか、重複する操作はサブルーチンに任せればよい、というごく簡単な事に気づいてその処理をしたり、何やかやと。そして土日を経て思い至ったプログラムの簡単だけど私の脳味噌容量的には混乱しそうなアルゴリズムを先ずは文書化してみた。そこから肉付けして何が必要になるかを考え、変数が増えてきたことに気づいたが、まあ何とかなるだろう。実質脳味噌の働いた時間は短いが、集中力も相当に出たと思う。が、ここでふとメールを見て悩ましい状況を知り、気分を落としつつ午前を終える。
 昼食は非常食のカレーとお吸い物。100円ショップでちょっとしたものを買いに出る。まあまあいい感じの気候、手もかじかまないが、手袋はあったほうが良さそう。ホームセンターで豚革のを入手しようか。
 午後はまた盛り上がるまでに時間がかかったが、そこから改善したプログラムが書けた。脳みそが過熱したので炭酸水を飲み、芋けんぴを食べて元気になって、最後のひとひねりを書き上げて、今日は終了。
 注意力を…と思うが不十分感は拭えない。事故渋滞にも嵌るし、どうも運転がキツイ感じになる。そんなこんなで気分を変えようとガスステーションで車内を掃除機掛けして3/4空になった燃料タンクを満たして帰宅。

 ううう、炭水化物!という感じでちょっとお腹を満たし、諸般の事情で入手したベーコンのブロックを1/4程適当に切って素焼きする。通常家で買うスライスベーコンとは別物。あの香りがそれほどしない。じんわりと焼いていく間に味噌とマヨネーズ、キャベツの準備をして、白角水割も持って食卓へ。長めに火にかけてじゅわじゅわ油の相当出た中からベーコンを回収。温かいうちにフライパンを拭いてから、食卓でチョイ焦げベーコンブロックと味噌マヨのキャベツを頂く。味噌マヨキャベツは想像できる味だが、ベーコンはスライスで売っているものとは別物。「?」と思う程風味は抑えめで、口にしたときのうまみが少ない。が、噛み始めるとじんわりと旨味が塩味と共に広がり、軽いスモーキーな香りがやって来る。
 言いたい事は一つだけ。
 「美味い」
 塩味は強めだが、キャベツが進むし、味の塩梅が無茶イイ!ベーコ・ンキャベツと味噌マヨキャベツと相当に楽しめた。結果、最終的にひしゃげたソフトボール大のキャベツが胃袋へと消えた。
 手の中にあったお酒が白角水割缶だったのだが、これはビールの方があったな、という事も有り、食べている間お酒を全く飲まなかった。なので今、白角水割を飲みながらこれを書いている。何気に酔ってきた感がある…し、酔い方がちょっと早く、深い?感じなので、今日はここ迄か。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/11/30 19:47】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック