なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 東京に出ようか…と思いつつ、やはり今日も微妙に起きるのが遅い。天気は良いがテンションが上がらず、そんな訳で東京に出るのは止めて、午前は皆既日食機材の製作を少々。裸だったユニバーサル基盤に組んだ回路を収める箱に丸穴と丸穴沢山をリューターに付けた丸鋸で切って角穴を開けて、あと少し追加の半田ごて作業をすれば、ハードウェアは完成の筈。ただ、工作精度は悪い。でも空いてヤスリで削って寸法と場所の調整して入れられる状態には出来た。空いた穴は塞がらないから、もう手の出しようはない。後はPICマイコンのプログラミング。整数精度な拡張C言語を扱う事だ。過去に作ったものを移植していけばいい筈でそれ程難しい事は無いと思う。勿論、タイミングの設定などで少々面倒はあるけれど。
 のち、昨日一昨日忘れていた処方箋を薬局に持って行き薬を買って来た。そして妻と買い出しに出掛け、ファミレスに行って食事をとってのんびりして、渋滞に揉まれつつ帰宅。
 今日は取り敢えず終了、かな?でも調子は悪くないので少々半田ごて作業で皆既日食機材のハードウェアを完成しますか。

 Kindleで「芸術闘争論」(村上隆)を読んでいる。今85%くらいなのでもう少しの所。なるほどね、という面白さがあるし、氏の考え方を「創造力なき日本」以来だけどこういう背景で考えていたのか、という事で理解も進んだ感があるし、ああこういう事を言いたかったんだ、という事もわかってきた。そんな訳で中野ブロードウェイには村上隆のアートオフィス・カイカイキキのギャラリーがあるというので改めて行って見るか、と思う。あと15%を読み切る事は、電車の中でも出来るけど…他にも読みたい本はあるので、寝る前の読書で出来るだけ読んでおくのがイイか。ジンガロウ横丁には全く嵌められたな。

 自分が使うであろう日食機材という訳ではないが、望遠鏡のオートフォーカス化が出来ているので、月を相手に少々実験したいと考えている。そこまで寒くなし、月は大きいし、良い塩梅ではあるのだが、どうも気分のノリがイマイチ。どういうものか。明日も晴れ間はあるようなので、明日の夜に…ってズルズル行きそうだけど。他にもフォーカスインジケーターの扱いが上手く出来るかな?という事でやりたい実験はままある。この辺も頭の中ではなく、ネタ帳に文字お越ししておくのが吉か。

 ふとカレンダーを見れば来週火曜には12月に突入なのか!予算を早く使い切ろう。うん。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/11/28 17:38】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック