なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 呆然とした朝を過ごし、妻が出勤してからごみを捨てに行き、調子を上げるのに時間がかかる感じ。ちょっと気を切り変えたらざっとフローリング部分を掃除する。そしてトイレを重点的に拭き掃除をして、一息。時刻を見ながら、どういう順序で行くところを周るかを考える。
 …まずは昼ごはんでラーメン…と思ったら定休日だった。のでショッピングモールで食べて100円ショップで掃除用のシートものを2品入手。そこから本屋に行く。が、冴えるモノ無く。後、車のディーラー迄行き、車の購入関係の話をする。納車が遅くなる事にはそれ程心配はしていないが…考えるとその間に走行距離がグッと増えるのはどうか…という感じかもしれない。あと、反社関係やブレーキなどのアシスト機能について国交省から要求される念書見たいのの説明を受ける。背景まで聞けて、車1台売るにも大変、という事を知る。5年前に買った時はそんなにきつく無かっただけに(というか高価な車用でベースグレードに無いものだったし)、進歩を知る事となる。
 帰ったら一息、何か疲れて少し休む。昨日の夜何となく始めた電子工作、それを進め、次に進めるなら、という準備も少しする。
 そして落ち着いたら日はとっぷりと暮れ、夜に。

 掃除で気になっているところは未だ未だやらないとだが、それは12月の大掃除でやるかな?とかんがえないでもない。まあ今の所は満足という事で。車の関係は必要書類、事項が判ったので、先ずは来週の日曜に、となった。土曜に「早かったらもう一寸引きますよ~」とぼそっと言っていたけど、マジ2日後に来るかい!?って驚き方をしていた。実際一昨日来るタイプなのでアリだが?(笑)
 電子工作関係や外部制御のプログラミングとか、環境を整えたり、簡単な実験をしたりしている。来年の日食もキツイかな、と思わないでもない。有り得るのは2023年インド洋からオーストラリア西部をかすめてインドネシア、太平洋に抜ける金環皆既日食。皆既時間が1分間強になるのでベイリービーズ(月の山・谷・クレーターでギザギザの縁をかすめる時に見える細長いダイヤモンドリング)があまり見えないと思われるが。その次の2024年はメキシコーアメリカ縦断の日食。政治情勢的にアメリカ、晴天率的にテキサスか?という話になってるようだ。この辺に向けて、新機材によって、何を如何に撮影するかを考える事も必要。科学観測を基本にしたいが。
 日本は随分と牧歌的だが、アメリカもヨーロッパもCOVID-19問題が結構きついとニュースで見る。落ち着くのは2023,4年頃か、その頃には沈静化して欲しいものだ。

 明日は何も考えず、本と電子工作で1日終わっていくかな…特にアイデアは無いが、だからって何かしなきゃならない訳じゃない。気分をリセットして、水曜にパリッと研究をまとめる方向に持って行きたい。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/11/02 19:08】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック