なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝は起きられないし、どういうモンか…出勤がギリギリだし。
 午前は何かイマイチ集中できない間に終わる。
 昼に定食屋さんに食べに出て、ドラッグストアで買い物をして帰る。少しずつでも体を動かそう…
 午後、ちょっと浮足立つ事も有ったが、何とか調子が出て論文を読みかえし、書き換えて行っていく。状態は悪いが、何とか進められている感がある。でも・・・ここは相当に書き直しが必要だな、と考える所に行き当る。しかし頭は働かなくなってきたので、クールブレイクして退出する。
 帰路はちょっとは慎重に。悪く無いように気を付けて帰着する。
 帰宅、昨日の電子工作でうまく行っていない所をチェックしてみる。が、どうも解決できん!という事で終わってしまう。深追いはせずにおくしかなさそう。
 作ったのは、こんな代物。サーボモータを回してサーボホーンでミラーレスデジタル1眼のシャッターを5分間隔で押す装置。
s-DSCN1693.jpg
 たったこれだけの簡単な回路です。
s-DSCN1697.jpg
 こんな感じで組み込んで…
s-DSCN1704.jpg
 動かすと緑のLEDが光ります。
 サーボモータはケースに溶着系の接着剤で張り付けました。この箱をカメラの上に適切な硬さで固定&力を逃がすばねになってくれるようなジグを作る必要がまだあります。
 あと、思ったより電源表示用の赤色LEDが暗い。まあ高輝度タイプじゃないってのもあるけど、330Ωではなく220Ωにするべきだったか。この明るさで視認OKかどうか、日の射す時に外で調べてみるか…

 今回はたったの75行のファームウェアしか書いていないし、基本はフィジカルな工作が中心である。そして、その方が精神的に良いのかもしれない、という心身の状態。でももっとやるべきは、C#かC++でのプログラミングだったりするのだが…C#では一応基本的なモノは今年の日食用に作ったので、それを上手く使いまわしたりすれば困難は少ないと思う。でも色々難があるので、それをクリアするのが厄介ではある。
 それを普通に楽しめる心身の状態にうまく持って行こう。
 それが出来ると、研究の方も進められる…気がする。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/10/22 19:39】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック