なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 調子を出すのに手間がかかった。でも何とか論文を読み直して方法の途中まで書き上げる。
 昼は空腹感を感じないが血糖が下がっている感を受け、出る気合が無いのでスパゲティの買い置きを食べ、午後は早々に始める。
 午後もイマイチ。だが調子が出ると査読が進み、頓珍漢な調子にならないと良いけど…という事で査読結果が出せた。が、これから指摘部分で間違いがないかを確認しよう、明日。クーリングの時間をかけないとやっぱヤバい。
 気づいたら定時は過ぎており、未だ調子は出そうだけど、キリが良いので退出。
 帰路はノンビリ。本屋で発注していた本2冊に新書ブルーバックス1冊を加えて購入。夕食…という事で途中でなんとなく、ケンタッキーのラッパーを買って帰る。
 帰宅。初のケンタのラッパーは…冷たいのか…というのが悲しかったが、まあこんなもんかという味。一息ついてこれを書いている。

 自動車ディーラーから電話で感謝祭をするからどうぞとの事。来年2月の車検の打ち合わせも可能だという事で、それなら行って見るかと考える。8.2万キロを超えていたかな?車検後1年で10万キロ越えは確実なので、どうせだからショックアブソーバーとロアアームを変えておこうか、と考えている。エンジンマウントの交換も考えているが、これはクラッチ関係3点セット(ディスク、カバー、レリーズベアリング)の交換と一緒に替えてもらう事が吉と考えるが、どうだろうか。それも相談かなぁ。

 そういえば、羊羹…じゃなくてカメラのニコンから現行品の大幅発展改善版のミラーレス1眼のZ6IIとZ7IIが14日に公式発表になるというアナウンスが出た。nikon rumorsというサイトで予見されていたが、その情報が当っていればニコン初の映像エンジン2基入り、そこに期待出来るか?と思う処には、CFexpressカードへの書き込み速度が現在のXQDより早くなってくれる事もある。え?現行のZ6,Z7でもファームのアップデートで対応しているのでは?と思われるかもしれないが、対応しているだけで書き込み速だがバリ遅いのだ。XQDの半分も出ていないんじゃないかな?ここが連写のボトルネックになっおり、日食のダイヤモンドリングの撮像は14ibt非圧縮RAWはXQDで毎秒5.5コマで20秒連続撮像できるが、CFexpressでは5秒も持たずバッファがいっぱいになる。書き込み速度は毎秒1000MB以上のカードで、だから、確実にボディの書き込み速度が遅いのだ。画素数の多いZ7では毎秒2-3コマに連写速度を落とさないとXQDでも20秒連写が出来ない。ここで映像エンジンが2つになり、書き込み速度がCFexpressネイティブな1500MBとかがフルに書き込めるなら、Z7IIでも毎秒5.5コマで撮像できるかもしれない。そう思うと日食用に背伸びしてZ7IIを入手したくなる、勿論中古で。あと2年あれば中古が潤沢になると思うし。
 期待外れだったら、まあ残念、で終わりかな(笑)。
 そんなことを考えながら、今日も少し新しいHPのコンテンツを考えることにしよう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/10/01 19:28】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック