なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 論文以外に色々…書き物をしていると、午前は時間が凄く速く過ぎる、でも午後ふと我に返ると体感時間はずっと長くなるという感じで今日は終了!?
 いやいや、でも統計検定必要か?と思う処に至ったり、落ち着けば比較的事は難しくないのではないかも知れないと考えたり、トータルで論文書きの遅延はそこまで致命的じゃないと考えられるかとか…ここ迄論文書きにあたふたするって、私も変でどうかしている感じである。でも判っているのは、少しは調子が良く考えが回るときにこなさない、という事。
 論文の佳境ともいえる考察部分を考えていると色々あるなぁ、と思うこと数多ある。考えをまとめる、というのは意外と難しいと今更ながら考えたり。ヴィジョンがイマイチはっきりしていないという事かもしれない。

 そんなこんなで今日は終了。何やかやで退出に少し時間を食った。
 道路は空いているけど、混むところは妙に混む感じ。西日射すじんわり熱の来る中、車載の温度計は34度を表示していた。…けどマジ?昼に食事に出た時は意外と涼しく感じたけど…。
 と、家路の途中で軽自動車が後ろに着いた。若葉マークで大学生くらい?3人乗って、笑ったり何やら喜んでいたりするスズキ・アルト。それに驚く事は無いが、走り方がオカシイ。正に若葉マークである…が、若いころの私でもここ迄ひどくないぞ?と思える走り。ナンバーを見たらレンタカー!最悪の合点が浮かばないでもない。いやこの時期、盆暮れ族を感知して考えつつ運転するよりは、正直に若葉マークがある方がイイ、と割り切りたいが、いざ背後に付かれるといい気はしない。走り始めれば長大な車間が空き、止まるときは衝突寸前を見ると…
 自身を振り返って、誰でもそんなときはあると思う処だが、よりによってこの時期には止めてくれと思ってしまう所であった。車線が増えた時に流れに乗って振り切り、間に数台の車を入れて自身の身を守る行動をとって、真後ろが盆暮れ族でない事を祈りつつ帰宅。経験や技術上、人を悪く言えるほどではないけれど、やはり我が身はかわいいと思うのでした。

 自分の書斎片付け計画を練っている。不要物の情報上安全な廃棄は別途としても、残る本の収納がネック。という事で、Amazonで本棚を見たりしていたが、やはりリアル店舗が良さそうと考え、猛暑日予報のある明日は外出するなら車だし、然らば!という事で、お値段以上を謳ったニトリでどんな品があるかを妻と見に行く事とした。さて、昼の肝試しにならないと良いけど…

【2020/08/14 19:20】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック