なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 道路工事で車線規制、ギリ遅刻になりかける。週末から来週末にかけてののお盆週間は大丈夫か?
 出勤して色々あり、論文を云々することに手が付くまでに時間がかかった。けれど、何となく感覚的に今の論文と次期論文に方向が見え始める。頑張ろう。
 昼はコーヒー豆店に自転車でGo!暑いは暑いが日差しの強さが厳しい。が、帰ってからも何気に火照ったからだが中々平常に戻らない。
 午後は要旨を2つ書き終わり、推古して共著者に回す。後処理をして論文を見ていて、ふと気づいたら随分と時間が経っていた。勤務時間が1時間しないでやってくる。論文を見て、調べ物をして…終ったら定時を過ぎた。片付けて退出、年休の妻の待つ家にGo!!
 帰宅、妻曰く「道路空いてきた?」そこは未だ分からないけど、厳しくはないかも。妻が持たせてくれた弁当の事を昼に忘れており、持って帰ってきたものを食す。後に職場の冷蔵庫を開けて気づいたのだった。イカンね。
 そんなところで昼の時間は終了。

 論文に限らず、書き物は一種カタルシスを感じるが、今日もそんな感じではあった。何気にWebに逃避することもあるけど、まあ楽しい時間というか、時を忘れる、かも。その境地に至るまでちょっと大変であっても…

 で、チョイとバースイヤーカメラの話を見ていたら、往年の銘カメラについては製造番号(シリアルナンバー)と生産年を記述したHPがあるという事で、実際検索すると容易に発見できた。私の生まれ年には既に日本光学(現ニコン)のプロ用一眼レフであるNikon F が生産・販売されていた。そのHPを見る事で、生まれ年の製造番号が判った。ローライ35系も似たページがあるけれど、少なくとも日本語では年まで分らない。入手可能な価格だけど、どうやらNikon Fの方がタマ数がある分簡単にいい品が見つかりそうだ。
 …って、買うとしたらアルゼンチン日食に行けなかった場合かなぁ…残金は来年の南極日食に備えて積み立てる!
 そういえば昔一緒に仕事した、英語が話せないパチプロで車バカと3拍子揃ったポスドクさんが、バースイヤーカーについて話していた。日本車だときついが、外車…ボルボ・アマゾンやポルシェ911ならあるんじゃないかな?と話した覚えがある。カメラに限らず趣味人なら生まれ年の何か、というのは欲しいものなのかな?と思うこと暫し。
 共に特別感があるというとあるのだろうな。

 紙媒体も読んでいるけど、この処kindleでの読書が進んでいる。ペースは遅いけど。その辺の事も上げていきたいけど、どうも調子が出ない。サブカル色が強い本が強いな。知っておきたい事は紙で買い、趣味興味はkindleって感じ?前者が進んでないのは色々問題だな。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/08/06 18:42】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック