なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 昨夜は眠りが記憎くて、何気にか朝起きられない。
 出勤してから少し時間を食ったけど、何やかやと昨日の続きの文書を考えたり、いろいろしているうちに時間が過ぎる。一応論文関係の事を考えていたけど…もうちょっと考えたい。
 昼、ドラッグストアに行ったついでに近くの定食屋に行きワンコイン弁当を買う。その場で作ってくれるので温かい!唐揚げ弁当を頼んだが、思った通りでおいしかった。
 午後の部は何とか筆が乗った。ひとしきり書き物をして、終わったら昨日プリントアウトした資料に目を通して、という所で退出可能時刻。が、そこから何やかやで帰宅が遅れる。加えて郵便局で受け取りをしたので家到着は遅め。今日休んでいた妻が、10月の旅行を企画してくれていた。梅雨明け直後の晴れた中故に洗濯も布団干しも大変だったと思うけど、本当有難い。
 軽く食べて今日は終了か?関東で国際宇宙ステーションが見れるというけど…薄雲が…

 昨日、バースイヤーカメラを探していたら昔欲しかったカメラが該当した。それがローライ…昨日中版カメラとして書いたローライ、35mmカメラも出しているのは勿論知っていたが、欲しいと思って居たローライ35シリーズの中の1台だった。ローライ35は何が凄いって、通常のカメラのパトローネ(フィルムの入った遮光された缶)のセットと上下逆にセットすることに寄り、35mmフィルムを使うカメラとして極限まで小さくまとめた代物だってこと。機会が無くて触った事も無いが通常レンズは本体に押し込まれていて、使う時引いて伸ばして固定する仕掛け。つまりはレンズの出っ張りが持ち運び時に無い。誠にコンパクト。でもって、引き出すときには少しゆとりがあってグラグラするけど、固定すると至って頑健になるという工作の良さがあるとか。はい、赤瀬川原平氏の受け売りです。価格も手が出る価格だったりする…う~ん、星のお兄さんだったころの憧れ、就職してから欲しかったし定職を得て手が届くけど手を出さなかった…そんなカメラがバースイヤーカメラという形で現れるとは!これ、運命?
 いえいえ、買うための口実ではないです。
 でも今はもっと心してかかりたい事も有る訳で、悩ましい。誠に楽しいことに悩ましいものです。日本光学の一眼レフを使い続けていても、その間に欲しいと思って焦がれたところもあるカメラです。サブカメラとして入手したって日本光学の生霊の怒りは買わないと思うのです。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/08/05 19:24】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック