なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 意外と調子が良い。早く起きられたし、出発が早く、到着はもっと早くなった。
 午前は余り立ち上がりに時間がかからずに論文を見直し、訂正を加えて図表の番号を揃え、終わったら翻訳ソフトで和訳し添削を加えていく。昼までの微妙な時刻に軽い空腹でイマイチな調子ではあったが、まあまあ午前はしっかり研究に迎えたと思う。
 昼は早めに食べてどうするかな、と思って居たら何やかやとあって、外に出られなかった。
 午後は添削と訂正の続きをして、いい時間になった時に軽くお茶を飲み、論文を読み…で、最後論文をチェックして今日は終了。
 帰りにケーキ屋で「はしっこ弁当」(ケーキの成型時に出たものにホイップクリームといちごを一寸置いたもの)を買い、年休の妻の待つ家にきちんと注意して走る。

 帰宅。妻とはしっこ弁当を食べて、一息。
 まだ明日1日あるけど、ちょっと先が見えてきた感じのある論文に満足しつつもまだまだある筈、と悩む。これを越えるのが楽しいのでもあるが。
 そして昨日やってみたニコンのSDKの勘所掴みの続きかな?と思うが…どうするか。こういうデジイチの遊びかたは余りないよなあぁ?と思ったりする。これまたどこまで?ってところですが。

 趣味で何に如何傾注するか?は難しい問題かと思う。今のシステムを過剰に肥やすことなく(あー、職業上も良く使う、Over fertilizationだ…)幸せなカメラ生活をするために、何が満足が大きく、長く使う楽しみに浸れるか。昔読んだIT関係の記事であった「マティーニはどの程度にドライであることが良いか」という深淵な問題と言う奴だ。今考える選択肢は2つ。
・マクロレンズ…撮りたい対象に思い切り寄って大写しにするためのレンズ、ニコンのミラーレス一眼Z6で使う
・中版カメラ…マミヤという会社が作っていたドでかいカメラ(マミヤ・ユニバーサルプレス)がセットで中古で安く売られている、写りが素晴らしい
 マクロレンズは中古で買うけど、中版カメラの中古より、実は高価。だが花や散歩中に見る小物をチョイと撮ってみよう、という時が自分でも結構あるのだが、今までは手が出ないで普通のレンズで可能な限り近づけて撮っていたのだ。が、Z6が結構楽しく軽くコンパクトなカメラなので欲しいと思う処。
 中版カメラは中学生のドカベン位ある。収納に困るが、シャッキっと写る、その写真が素晴らしい。35mm版の1コマは24×36mmの大きさだが、こいつは最大60×90mm、広大である。フィルムがデカいと、色彩が豊かで深みが出るし、細密でくっきり写る。一目見てハッとするような写りをする。フィルムがデカいというのは、銀塩フィルムカメラで高画質を求める時には「正義」である。その上に大判カメラというのもあるが、こうなると暫くダンベル体操をしないと使えない重さになる。中判は持ち運べる最大の大きさと言える。
 一つの目安はQOL=Quality of Lifeというか、Hobby Life、Camera Lifeを充実させること。
 新しいデカいカメラはテンションが上がるけど、どれくらい活躍させるか?そう考えると、マクロレンズは中版カメラより使用頻度が高いし長く使うし、不足するレンズの充足にもなる。システムの不足を補うという意味ではあまりテンションを上げる事は無い、あくまで実用物である。

 この辺、いわゆる「沼」だねぇ、と趣味人一般も言うのだろうか?少なくともカメラ好きそのように評するだろう。
 が、私としては、マティーニのドライさ具合を試しつつ沈溺し心酔する、という感覚に近い。
 飲まれる事はしない。それは人格破綻者。

 楽しむことを忘れずに居たいものだ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/07/30 18:55】 | 研究
トラックバック(0) |


なんちゃって
娘がカメラを始めたいと、Nikonの初心者モデルKiss10Xを買ったそうです。高すぎてレンズは中古にしたと言ってました。星空を撮りたいそうなので、いろいろ調べているようですが、なかなかの沼ですね(笑)中古のカメラ屋さん?や秋葉原にも出没してるそうです。 自分のペースで楽しんでくれたらいいなぁ~と思います。


なんちゃって
Nikonじゃなかったです。Canonでした(汗)


M氏
お久しぶりです。
 ボディよりレンズの選択は重要ですし、新品は高価。但しボディより製品寿命が長いので、中古と言うのは良い選択だと思います。ただ、集め始めるとレンズは深い沼ですね。キットレンズでも意外と撮れる!と言う運動をされている方もいますので、Fは暗いですが、ここから始めると言うのも手かもしれません。そして、デジタルになってぐんと広がった映像表現の中で、どんな写真と撮りたいかを見極めてゆけると良いな、と思います。
 あと、ボディ以上に重要なレンズよりもさらに重要なのは画像処理です。ソフトウェアも必要ですし、それなりに色の出るディスプレイ(最低sRGB, 出来ればDCI-P3やAdobe RGBに対応)、こういった環境も揃え始めると深いです。更に処理にも時間を使います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
娘がカメラを始めたいと、Nikonの初心者モデルKiss10Xを買ったそうです。高すぎてレンズは中古にしたと言ってました。星空を撮りたいそうなので、いろいろ調べているようですが、なかなかの沼ですね(笑)中古のカメラ屋さん?や秋葉原にも出没してるそうです。 自分のペースで楽しんでくれたらいいなぁ~と思います。
2020/08/03(Mon) 08:50 | URL  | なんちゃって #-[ 編集]
Nikonじゃなかったです。Canonでした(汗)
2020/08/03(Mon) 18:10 | URL  | なんちゃって #-[ 編集]
お久しぶりです。
 ボディよりレンズの選択は重要ですし、新品は高価。但しボディより製品寿命が長いので、中古と言うのは良い選択だと思います。ただ、集め始めるとレンズは深い沼ですね。キットレンズでも意外と撮れる!と言う運動をされている方もいますので、Fは暗いですが、ここから始めると言うのも手かもしれません。そして、デジタルになってぐんと広がった映像表現の中で、どんな写真と撮りたいかを見極めてゆけると良いな、と思います。
 あと、ボディ以上に重要なレンズよりもさらに重要なのは画像処理です。ソフトウェアも必要ですし、それなりに色の出るディスプレイ(最低sRGB, 出来ればDCI-P3やAdobe RGBに対応)、こういった環境も揃え始めると深いです。更に処理にも時間を使います。
2020/08/04(Tue) 07:53 | URL  | M氏 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック