なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 仕事にならない一日。論文の読み直しでもうちょっと煮詰まったプロットが出来るかと思っていたけど、図を一枚作ったところで終わってしまった…ここから破裂するような書き込みが出来るだろうか?昨日薬局で足りなかった薬が今日の夕方に揃うのだが、何となく昼出かけてみたら、有りますよー、という事だったので、帰り道に寄る必要が無くなったのは有難い。
 なんかもう脳内グダグダの内に退出。まあまあの調子で帰宅し、簡単に食べて一回横になった…妙な疲れ方をしているみたい。それに夕方の方が昼より暑く感じる。どういうものだか?

 兎も角、一旦は研究から離れるか、という事になる。
 明日は元気なら東京・八重洲ブックセンターに行き、調子が良ければ東新宿まで軽く散歩。さらに気合があれば地下鉄一発で秋葉原に行き、ちょっとした用足し品を購入しようかと考えている。秋月電商も土曜開店になったのだけど、取り敢えず買うものは無い筈なのでパス。元気なら…ブックカフェというのを探して望遠鏡店?なんかウォークラリーだな。でも、どんな風に私の良く歩くところがCOVID-19の前・中・後でどうなっているか、見ておきたい。ただ真夏日のようだし、あまり無理はしない事か。日月は旅行の予定だしね。明日と旅行に持って行く本を選択しよう。科学史、江戸野菜、天文学か戦争学、これだけあれば足りる筈。この読む速度の遅さがちょっと辛いのだが、少し積読を減らしたい。
 そんなこんなで…ちょっとした電子工作をして今日を終わろうか?

 先日のいきなり画像に続き今日もいきなり無関係画像、その昔撮影した皆既月食中の冬の星座。
 DSC0025-4_20200622152401e58.jpg
 真ん中右上の妙にデカいのが皆既中の月、おうし座の中にあります。冬なので、オリオン座、ぎょしゃ座、微妙に欠けたふたご座などが入ってます。エンゼルフィッシュ星雲、バーナードループ、バラ星雲と言ったものも入っています。デジイチはNikon D5000の天体写真用改造品で、シグマの20mm F1.8を付けて撮像しています。あー、D5300の天体写真用改造品が眠っている…夏の星見も良いのだけど、氷点下の冬の方が感覚的には好き、かな?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/26 20:33】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック