なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝は例によって調子上がらず。しかし出勤してからは比較的早く良い感じで論文の考察に向かう。かといって進みが良いのとは別。ストレスはそれなりに感じるが、比較的何とかなっている…かも?書いたり考えたり浮かんだことをプロットとして組んでみたり。
 何やかやの内に午前が終わりに近づいて、空腹から食堂でカツカレーを食べる。椅子の並びが一段と疎になり、これでピークはどうなっているのか?と考えるほど。後、薬局で処方箋を薬に変える。自転車で行きたかったが、小雨が絶妙な弱さで降っていて、ギリ自転車は無理だった。
 午後はスパイスが効いたか色々頭の中に浮かぶものがあり、少しずつ書き改めつつ、考察の前半を直してみる。まだまだ考えるべきはあると思う。なんかアイデアがだらだらと流れてくる感じ。なんとなくお茶の時間に食品の粗タンパク質の測定の話になる。栄養学の本だとケルダール法というやり方で分解・還元して定量するとあったのだが、機械で簡単にできる乾式燃焼法は如何か?とかの話になる。過剰施肥で硝酸態窒素が多い場合、これが測定されていないか?と。で、ちょっと調べてみると、ケルダール法で硝酸態窒素は基本的に測定されないらしく、乾式燃焼法はタンパク質の窒素と共に硝酸態窒素が測定されるそうだ。ケルダール法でも計れるのかと勘違いして居た。…とこうして書いていて日本標準飼料成分表の付録に計測方法が書いてあった筈、と考え至る。明日調べよう。

 なんだかんだで定時過ぎ。多分職場に居ても何かいいことを考え着くか書き込めるとは思ったけど、何となく退出。帰路で散髪し、本屋に寄って帰宅。軽く食べ、力が…出ない。ので、ちょっと休み、今の時刻に書き込みをしてみる。明日はもう一回論文を読み直して推古することと今の頭の中のもやもやを論文から情報を得よう、と考えている。
 兎も角明日1日で今週終了なので、キリの良いことをしたいとも思うけど、まだまだだね。7月前半で一回脱稿したいが…そこまで事が浮かぶかどうか?土曜は元気なら東京に出たいが、どのようなプランを組むか?
 加えて来週の終わりに中野区中野のフジヤカメラでレンズを買うなら、その時の経路で他に行くところは?とかも考える。その前に、これまで使っていたレンズを下取りに出すので、その準備が必要。ケンコートキナーのショールームにも行くが11時開店、なら中野ブロードウェイで様々な店の開店前のがらんとした感じを少し見るのも一興。個人的にこういう乙な感じは好き。通常だと海外からの客が多いけど、今はどうか?それも興味ある。そして妙に安い中華店があるけど、そこにも突っ込んでみたい。数少ないが結婚前に行ったときからすると閉店した店が出たり、こんなニッチ有?なディープなサブカル感が下がったものの、別ベクトルでアナーキーでエントロピーの高さを保っているのが、何となく有難い。とはいえ、関東に越して来た時の秋葉原から時間で失ったものを別ベクトルで中野に求めるか?と言うとそれは無理だろう。私には、秋葉原が夢の跡なら中野はニューカマーだし、その地のモチーフ、並んでいるアイテムのベクトルが違いすぎるし。

 梅雨の間にやろうと思って居たことは何で、加えて入手しただけで稼働まで行っていない物に何があるか?この辺纏めて暫くの間に色々やりたい。じっとり暑いのはかなわないけど、涼しい雨の時には色々考えたり、手仕事をしよう。うん。って、明日明後日は30℃を超えるとも聞くが。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/25 21:33】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック