なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 今日は在宅勤務の日…なので気が緩んでいた。何時もより調子が出るのが遅く、何か形になる物というと原稿のゲラ刷りを見直したことくらいか。他、論文の考察についてのプロットを考え直してみたけど、イマイチだった。気温は低いのだろうけど、窓を軽く開けた室内は余り涼しさも冷たい空気も感じないが足先が何となく冷たく、身体は食後軽く汗が出る程度に温かい…何なんだろうね?な状態。身体に悪影響は無いようだけど…。
 夕刻時間で終わって軽く横になり、息を抜く。…で、気付いたら昼が簡単だったうえ、夕食で何かと言うと食べていなかった…ので餅を焼いた。

 ふと、Webサイトを見ていたら、BTOのPCの事が流れていたので、自分が組むなら、という見積もりを勝手にして見た。当の昔に次作が市販より安い、なんてことは無いのは知っているけど、自分が欲しいと思う構成や細かい所…例えば静粛性なモデルとか必要な部分を特に強化し不要なところは削る・置いておく…と言った事をするとどうなるか?である。私なら、CPUの能力を重視、マザーボードはある程度タフそうな物、グラフィックは弱くてよい、メモリを多めに、SSDは耐久性のある品、HDDは信頼性の高いもの、光学ドライブはBD-XL対応、と言った感じになる。やってみたら、BTOで20万越えで組むなら19万切りそう。これはケースもいれてだから、今のケースを使うなら、1-2万安くなる。と書きつつ、今のシステムに全く不満が無いし、元手もないので、大改修は今年はしないと思う。…考えたくないが、アルゼンチンでの日食ツアーがダメになった時でもないと、おそらくはやらない。
 なんせ来年早々に車検があるのに加え、後2-4年乗るつもりだ。おそらく車検時には8万キロ越えの9万キロ目前となるから、車検時に走りに関わる部品を色々任意で交換しておきたい。既に多走行車なので下取りは出ないし、それくらい手を加えてもらっても、中古を買うより安く済む。実のところ、愛着云々は思ったよりサバサバしてる。その間にデミオ改めマツダ2の新型が出ると思われているので、出てから半年か1年置いて乗り換えよう、そこまで心地よく乗るなら…という算段。
 1年点検の時に取った見積は、ショックアブソーバーと前輪のロアアーム、エンジンマウント交換で、思ったより安かった。後で気づいたけど、クラッチ関係の3点セットも交換のお代も入れてもらうんだったと思ったが、いや待て、これで整備士さんの給与の元である工賃OKなの?と思う程工賃が安い。専門の工具と特殊工具にガレージが既にあり、整備士さんはその道のプロだから、私が弄るとかのレベルじゃない時間で出来ると思うけど…でも、ちょっとね、と思う程安い。安いに越したことはないが、車検前に簡単にフルード類(エンジンとトランスミッションのオイル、ブレーキフルード、LLC)を交換した経験からは、あの作業をしてくれるなら工賃は倍出しても致し方なし、と思う額。
 悩ましい。けど、世の中のユーザは私以上に自分のクルマに愛着というより執着する様で、実は税金と強制保険が殆どの車検代を1円だってケチりたいという人も少なくないようだ。ある掲示板で、1回目の車検は整備なしでOKとか言うのが標準だったのには恐怖した。ブレーキフルードは吸湿して沸点が下がる。べーパーロックを起こして単独事故やる分には勝手だが、車は社会的な代物で、他の車両・人を巻き込まないという保証はない。検査で落ちる一番の項目であるヘッドライトの光軸は検査所近くにある民間の施設で有料だけど調整は出来る。悪いがそれ以外で車検に通らないなら、そんな車は乗ってちゃ駄目、走らせるのは狂気である、日本車の品質は高い。しかし実は検査されないブレーキパイプの状態や前輪のブレーキパットの残量を見るくらいの事はして欲しいものだ。そんな事を書こうかと思ったけど、どうやら若者たちらしいその掲示板ユーザーに水を差すときっと炎上するな、と思った私であるが…
「半ペンスのチャン(タール、瀝青)をケチって船を失うことなかれ」と木造船時代の船乗りとその関係者は言ったものだが、それくらい整備士さんに投資することも考えないとイカンのじゃないかな、と思うのです。

 PCはプライベート、車はパブリック、扱いも私的領域で済むか、社会に出るものか、な存在なので、同列には扱えないけど、うむ、こういう事に他人と違うアプローチをするのは私だから?と思わないでもない。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/22 21:17】 | 徒然
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック