なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝起きるのが辛い…何なんだか?兎も角、出勤。研究室のポットのお湯を変えたりコーヒーを淹れたり、研究室の稼働をかけるような感じに動いていく…調子が悪くないな、と思う。立ち上がりもまあまあ良く、ひかくてきはやくから研究にかかる。というか、ふわふわしたものが定着するように、でも誰かに告げられるような感じではなくスルスルと流れるように論文の考察の流れを綴ることが…できているような気がする、のをノートに書き綴っていった。結構いけるのか?が、午前の後半はそれほど良くない。でも考察の1/4に相当するかもしれない量の構成が纏まったのはとても嬉しい。このために2週間ばかり悩んでいたような感がある。
 昼、店が来ていたのでコーヒー豆とパンを買い、食べた後にドラッグストアでちょっと買い物。
 午後はちょっと早めに開始。少し調子を上げて、午前に書いた論文の構成を参考にしながら、機械が語るようにするりと文章が出来ていく。良いのかどうかわからないが、兎も角、英文が書ける。速度は遅いけど。少しずつ休みを入れつつ、今日の所はまずまずできたと思う。気づくとお茶の時間、少し脳内を冷まして麦茶を飲み、そしてまた書き込む。が、いつの間にか文書の出が悪くなり、ミスタイプが増えていく。ダメだね、というサインかも…で、今日は止め。定時は過ぎているし、疲れたというか、脳内が変。
 洗い物をして退出。明日は午後会議。リモートだなんだと書いて来て、どういう形式で?とか分からないから面倒だ。取り敢えずスーツを持って行くか、着ていこう。

 帰り道、本屋に寄って帰宅。雨が降り出したのでエアコンをかけて見ると金属のこすれ合う異音が…!これはこれで付けるの止めた方が良いか、という事で暑さを我慢しながら帰宅。幾つか荷物が届いた。来週にかけても発注したものが届く筈…これらを組み合わせたら、一つ日食撮影に使う部品が出来る。
 あ、そういえば21日は部分日食だった。小学生の頃を思い出さないでもない。何か確固とした考えも準備もないけど、まあかけた太陽が見えたらイイかな。こういう余裕がどうも無かったりするのがこの頃なのかなぁ?ちょっと寂しい感じ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/18 19:53】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック