なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 朝起きるのが辛い。出勤して調子を上げて…行けるかと思ったけど、なかなかダメ。論文を整理し、思う処をまとめるも良いし、色々あるな…と書きかけの論文を見てふと気が付いて書き足し、そしてデータと議論の不足を感じ取り、データを弄り始めた…ら、思い切り嵌った。気づくと昼休み突入。空腹感は無いが、低血糖気味。売店にサンドイッチを買いに行き、+αを持って帰り食す。午後も数字を弄り始め、何気にドツボに嵌る。気づくと15時を過ぎ、お茶を飲んで次のターンにはいり込み、ふと気づいたら定時を大幅に過ぎる。外は明るいし調子注意力も落ちていない。ままよ、と暫し続け、区切りがついたところで片付け、明日へのメモを残して退出。考えて見ると発注した本が本屋に来ている筈。暫くは1800時閉店だったが、間に合うか?と思いちょいと急いで本屋に寄り、通常営業になっているのを知った。ありがたい。Androidプログラミングの簡単な本と雑誌2冊。新書に魅惑を感じたが、もっと惹かれるものが出る可能性に賭けて取り敢えずスルー。
 帰宅。軽く食べ、暫し今日の情報を集め、ヨノナカの色々を感じ、そしてブログを書く。

 地味な暑さが続く。朝夕はまだ風が良い感じだが、昼に自転車に乗ったら絶妙な日差しとそれなりの強さだけど温かめの風は何気に体に来る感じ。職場は未だ冷房が入らない。梅雨入りしたら梅雨冷があるかな?と考えつつ…でも夜は十分に涼しく良い感じで眠れているから良いか、とも考える。
 海外情報を見ると、アルゼンチンは未だ入国できない模様。12月までにこのコロナ禍がどうなっているか?ある悪友は東京支社から九州の本社に帰るというけど、帰ったら9月いっぱいまで県境を越えるな、という事だそうで。意味有るのか?このパンデミック東京から人を入れといて、というのは会社ルールとして有り得んのだろうなぁ。
 韓国の友人、今年で国立研究機関の職場を出て大学に移るという。日本でこのケースはおめでとうだけど、韓国的にはどうか?まあいい事でなければメールしないよね?とも考える。

 思う処が通い出し、本や色々な興味が何となく出てきた感じは、きっといい調子なんだろう。という事で、今日はここ迄かな。土日にでかけるので、プログラミングの教本を新書などと共に持って行って、のんびりしよう。そして安全運転!

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/06/10 19:14】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック