なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 起きたのは遅いが昨日程ではない。情報を集めたり、三脚用水準器を作るちょっとしたベークライトの工作をして一息ついたら午前中終了。後、売り払い第2弾として使わない古いノートPCを売りに出し、登山用品の店でライトトレックが可能な靴を買う。これは勿論、アルゼンチンに行く時に使おうというモノ。中々慣らしが出来ないと思うので、早めに購入した。スニーカーでも良いのだろうけど、使う旅行社が2003年から日食観測ツアー参戦のアフリカ旅行の道祖神。2003年アフリカ横断日食でウガンダ行きでお世話になって、あの時は観測後にナイル川やサファリも楽しんだが、次回は国立公園のハイクがあるのでそれに対応するため。スパルタンなイベント日程を組まないが、まあまあ体力を使うアクティビティがあるためこれ位を奢っておきたいと考えたのだ。調べてみたら行く先は、盛夏とは言え南緯が上がるので最低気温は一桁でかつ強風で体感気温は相当に低いという。靴からの防寒も考えたい。妻からは「アルゼンチンは諦めてなかったのね?」と言われたが…11月初旬に最終決定をするけど、それまでにCOVID-19がマシになっていると思いたい。
 帰ってからガラスエポキシ基盤の加工。ちょっとした小物を作ろうという事で部品を並べて見る。コロナ前に買ったり手持ち在庫の部品で出来る電子工作品、それ以外にも昨日の持越しプログラムを作ることかな。

 何時もの休日は東京FMでは特に午後特番があるのだが、今日は通常の番組。聞いていたらアイルランドのリバーダンスが流れた。前泊でロンドンに一泊したが、初めて行った海外旅行の地は2月に一人アイルランド。当時は外資導入のIDAが始まった頃で、凄く良い田舎!という感じにヤラレて、プライベートで4回、うち2回は妻と行っている。その時は余り音楽に興味が無く、アイリッシュミュージックは当地で聞くことも無かったけど、のちに秋葉原デパート前や石丸電気のCDショップで何やかや、山と買い込んだ。勿論リバーダンスもあったけど…本当久々だなぁ…。4回行くうち、まさに生音をパブで聞いた事も有ったが、その時に音楽は生に限る、トラッドフォークは現地に限る、と思ったものだ。

 こうして書き物をしながら、昨日のプログラムをどうするかを考えつつ、ちょっとノンビリ考える事にする。あ、読書も良いね。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/05/04 17:07】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック