なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 ろくでもない午前中を過ごし、昼に妻から頼まれた買い物と自分の昼食のためにスーパーを梯子し、本屋に入ったら、何出すんじゃい、ゴラァ!!と激怒したくなるほどの本を見つけてしまった…
s-_DSC0379.jpg
 はーい、画像真ん中の本、「自叙伝 ジェームズ・T・カーク」(竹書房)でーす!トレッキーに何と言われようが、敢てこの番組名使うぞ「宇宙大作戦」でUSSエンタープライズ艦長を務め、エイブラハム・リンカーンを尊敬する、で何気に女性に浮気性な、あのJ.T.カークである。結果、専門書でも教本・解説本でもないのに3,300円を支払わずにはおれなかった。初見は小学生の時だ。何度もあったであろう再放送の一つでワクワクの中で見てきた、SFの傑作である。それ以前にも「謎の円盤UFO」(エメグリジャケットのルパン三世の直後の時間帯にやっていた)も見ていたけど、なんせ小学生になるかならないのかの頃故(突っ込まない事)、永遠の近未来を見せつけた番組とはいえ、受け取るには厳しかった。が、宇宙大作戦はど真ん中で受け取る事の出来たSFだった。
 スタートレックもUFOも大学時代に土曜深夜の再放送を悪友と見たけど、改めて見ると古臭さを感じない永遠のジュブナイルであることをまざまざと見せつけてくれた(特にUFO)。ここまで来たら是非エド・ストレカー司令長官の自叙伝も読みたい!!と思うが…Amazonで見たら新スタートレックだっけ?クリンゴンと和解した後の話の主人公であるピカード艦長の本もあったが、沈着冷静(の割瞬間湯沸かし器)なストレイカー指令長官はじめ、関連書籍の新刊は無いようだ。誠に残念。大学院生の時、メイキング・オブ・サンダーバード(シルビア・アンダーソン著)で裏話を色々読んだり、アンダーソン夫妻作品の設定資料集(UFOは意外と小さく、10~15m程の大きさだった)も見たけど、もうないのか…と思うとすごく寂しい。まあ…アンダーソン夫妻は離婚して終わっているので、これから出るか?と言うと難しいだろうな、と思う。BGMのCDとかはあるけど。
 帰ってから総菜等を温めて昼食を食べ、ちらっと読んだけど、ダメだ。カーク船長の声と口調で脳内再生される!!ストレイカー指令長官と同じ中の人だけど。

 この得も言われぬ調子から午後は何とか図を3枚作ってととのえて、今日の終業時間を終えると、睡眠という欲望に負け、ちょっと横になった。でもここ迄ドストライクな本が出るとは。ピカード艦長の方は幾らか見ていたけど、やはり初版のあのわくわくがイマイチ湧き起らないので、買うことは無いだろう。どこぞかに行く長距離国際便で見たリブート作(Into Darknessだっけ?)に至っては次作がどうなるか不明だが、飛行機の中の様などうでも良い時間でないと見る気にはなれない。

 そして起きだしたこに時刻…雑誌も本2冊も楽しみなのだけど、出合い頭の衝撃からは(いつ読み終わるかと思うけど)やっぱ自叙伝を睡眠読書にしようと考えるのでした。大学時代に無印スタートレック最後と思われる映画でマジきつそうな年齢でアクション映画をみて、数々の役者さんの変化に衝撃を受けつつ(ex. ウラ中尉が太った)、でもスゲーなー、と思ったのも思い出した。ちなみに2本立てでもう一作はインディジョーンズ・最後の聖戦だった。ハリソン・フォードも厳しくなってきたアクションだと思ったけど、OO7役が脳裏にへばりついていたショーン・コネリーの老け方はまあまあ…と思った。後に「薔薇の名前」でウイリアム修道士役は彼無くしてあるまいと思ったけど、他方で原作からかけ離れたストーリー並みに禿げた事にも衝撃を受けたなぁ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/28 19:40】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック