なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 例によっての在宅勤務、上手く事を進められたり進められなかったりで、午前中は少々。昼にペペロンチーノを作って食べたら何となく気合が出た。時間的にはまあこんなもん?と思う論文のイントロを書き直していく。未だ2-3度見直した方がイイが、何となく形になってきた。ちょっと気になる事があったので調べ物・プリントアウトを行い、ストックする方向へ。黒のインクは先に替えていたが、カラーの3色が丁度いい感じでほぼ同時に終わった。予備インクが切れたので適当な機会に買いに行こう。
 メールモノの仕事もして、一息ついたら定時。日食サポート機材でアウトドアグッズを考えているので、体の動かしがてらスポーツ用品店に行って見る。自転車も考えたが、ぽつぽつと雨が来ていたので車になった。アウトドア総合では国内有数の大きさとか、アウトドア好きならココの用品を見ているだけで1日潰れるとか言った口コミ記事を見つつ、実際行って見たら実物展示が多く、登山・トレッキング・ハイキング向けの靴は多分中型の山専門店以上の品揃え。気になっていたシリオ社のトレッキングシューズを試してみて、これで12月の日食旅行で観測後の観光に困ることはあるまい、と考える。履き慣らしに2週間以上と考えると、5、6月か、時期は早めがイイだろう。旅行社に問い合わせが要るが、もし供給されなければ組み立て椅子の購入も考えているので、数ある実機で座ったり立ったりをしやすいか、反り返るように真上くらいまで見た時にOKかを調べる。重量が分からないので夏以降に買う必要があれば計りを持って行って決めよう。8月以降だろうな…。他にもやはり登山・キャンプ関係は100名山の10くらいは登った覚えがある程度に山好きをした故、惹かれるものが多かった。リアルでも結構キャンプブームらしいが、その火付け役と言われる「ゆるキャン△」等のキャンプ系のコミックや野外料理の本を含め、入門からコアなものまでそろった書籍コーナーや何気にかテント…災害対策用品として…も気になった。気づいてみると1時間半くらい居たようだ。時短営業のため、気付くと閉店の音楽・蛍の光が流れた。
 成程、結構な沼だ…
 帰り道、雷が光り、車の屋根にカンカンと硬いものが当る音。もしやと思ったら一気に雹の土砂降り。暫くすると豪雨になり、ワイパー最速で冷や汗かきつつ家路を慎重に。雨に強弱の斑があり、駐車場に入るときにちょうど小降りになったので、止めて速攻建屋に入った。玄関隅に雹が溜まっていたのでこちらも相当に降ったようだ。関東に来る迄雹に出くわしたことが無かったのと、そう滅多に起こる現象でもないからか、やっぱり珍しさが先に来るが…激しいね。

 サムヤンのレンズのファームウェアをアップする作業をしていたが、どうも上手くない。どうなっているのか?と試行錯誤で2時間半…やっぱ駄目、という事で、ケンコートキナーのショールームが開いたら聞きに行って見よう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/24 23:18】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック