なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 眠くてたまらない午前、コーヒー飲んでそれなりの感じになったけど、完全という形にはならず…論文が進まない。
 雨だが用事は色々あるので、昼食を食べがてら外に出る。昼食、100均、郵便局と回ってみる。ありがたくも?何処も空いていたが、いわゆるソーシャル・ディスタンスで待合の席を1つおきにするとか、工夫が見えた。郵便局では座る必要なかったけど。
 帰って暫しすると電話。稼働がオカシくなっていたウォシュレットの修理、Webで頼んだら電話で返ってきた。今日見積もるとの事、歯医者の時間にかからない事を確認し、了承。ディスプレに向かうこと暫し、修理の人が時間丁度にやってきた。状態を診てもらうと、シャワーノズルの位置センサーが駄名なっているのだろう、との事でかなりのメジャートラブルだそうで、持ってきていたノズル周辺のユニットで事が済むからという事で、ユニット交換・修理を急遽お願いした。メジャーなのとユニット化が上手い上に慣れた手つきもあって、10分ほどで終了。その後料金支払いなどをしつつ、ちょっと世話話。古い機種なので部品の手配も難しくなってきているとか、一体型なので壊れたら便器ごと工事で取り換えが必要とか、緊急事態宣言から修理は減ったけど終わると一気に注文が増えるんじゃないか…等々。タブレットで修理前後の確認を取るとともに、終わったらオンサイトで熱転写プリンタで修理保証と領収所を頂いた。本当ならこうしたガジェットも新しいものにしたいが、集まって研修が出来ないので更新が滞っているそうで、事の大変さを知る。かかった費用は1.4万。安く済めば済んだで良いのだが、出張費は普通、部品代が微妙に高く、技術料がちょっと安くないか?と思った。
 終わって暫くしたら歯医者。平年より随分と寒く気温が上がらないというけど、別に寒いとは感じない。差し歯が入り、次にかみ合わせを見ると終了との事。ちょいちょい聞いてみると、歯医者も休めないのと格別以上という事は無いけど、清潔には気を付けているとの事。個人的にウオシュレットのサービスの人と同様に、様々な職種の人に訊いてみるのは面白いと思うので、ついつい。
 終わって本屋に行ったら閉まっていた。時短していたのだった。

 明日は別の医者に行く必要がある。経路から少し外れると職場があるし、どうしようか?と考えること多少。悩ましいというとちょっと悩ましい。どうするかな?多分本当は行ってはいけないのか??

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/20 20:39】 | 徒然
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック