なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 心身・命の洗濯でデカい風呂に行って見る。デカい湯舟に入れるのは矢張イイ!!ホクホク温野菜(?)になって帰宅。帰り道、本屋に寄って、発注していた本を入手する。月曜だと思って居た本も手に入ったのは有難い。って言っても、気を付けて体を動かすなら、遅くなるのも十二分にありだと思うけど。

 積読もあるけど、少しずつそれも崩している。Kindleでも崩している。色々やりたい事は目いっぱい。いまは日食関係の機材を組んでいるけど、12月にアルゼンチンに行ける保証はない。その不透明さはあるけど、常の備える事は必要。「職業としてのん学問」にある通りで、僥倖は何時あるか分からないから。はい、科学観測をしますよ。或いは今年がダメなら来年の難局に賭けるというのも有り。

 在宅勤務は環境に変化が無いから頭の切り替えがきついけど、分かったのは家から出る時と帰った時、その後にあるぼーっとできる時間というのがカギなのかもしれない。心身のストレッチ時間があるか無いか。これをどう導入していくかが、課題なのかも。明日はもっとまったりとしようか?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/04/18 20:34】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック