なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 天気予報に一喜一憂というか、リスクの高低を考えつつ、結果セーフ!という事で昨日から今日とノンビリと那須の温泉へ。良い温泉で思い切り伸びをして、部屋でゴロゴロして、正統派な食事×2.5を楽しみ、そして帰宅。読みかけの本を1冊読み切り、出張+αと合わせて3冊終了。でも読み込みが浅いか。
 帰宅して少しして歯医者。かなり古い詰め物がズレてきているとの事で、少々通ってね…だった。うむぅ。

 帰宅してみたら、旅行社から封筒で12月の日食旅行の案内。決して気が早いなんて事はない。機材の制御系を作って実働試験したりするのが間に合うかどうか?あと10ヶ月しかない故に。価格的にはまあこんなもんでしょう、という感じ。それより厳しいのは12日間という旅行日程。いや、ヒラの研究者的には責任は何とも…なので良いのだけど。一応応募して、のちに短いバージョンが出たらそっちに乗り換えるのも手かな?日本より暖かいようだけど、日本の冬装備はそのまま持って行ったほうが良さそう。そういう意味では荷物が肥大しないから良いか。

 今年は6月のフランス(学会)とこのアルゼンチンと、初に行く国が続くのは嬉しいことだ。

 明日は午後一の会議で東京。職場に出るか?とも考えたけど、在宅ワークで総説を完成し、依頼原稿も最終チェックをして、明後日出稿×2としたい。ドキドキだな。1月が去るまでに事を進められたのは有難いこと。2月に逃げられることが無いよう、統計検定をキチンと勧めておきたい。年度末に向けて原稿作成ラッシュにしたいものだ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/01/27 19:00】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック