なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 寝就けなくて起きたのは遅い時間。調子が上がらず、何とか髭を剃って朝食に出る。朝カレーが旨い…
 チェックアウトして、荷物を預け、大通り商店街を抜けて肴町のアーケード街に行く。昔からするとサンビルの多分市街地では一番品ぞろえが良かった本屋が撤退!!(ただ駅ビルにまあまあの規模の本屋がある)と、デカいデパート(劇場付き)が閉店~!というショックを受ける。とはいえコミュニティ機能はきちんと働いていて、露店が出ていたりして、結構いい感じではあった。盛岡市街では品ぞろえがあったCD店は消えるし、結構ヴィヴィッドだった中古レコード・CD店も消えるし、令和の風を感じる。しみじみとして、岩手城址方面に帰り、じゃじゃ麺の有名店のパイロン本店(端的に言って、昭和レトロなごちゃっとした店だが)でじゃじゃ麺を頂く。ここにも餃子があったけど、そこまでは食べられず。癖はあるし、付け足せるニンニクはマジ匂いと味が強く気合が入っているから、何とも病みつきっぽくなってとても良い。
 いい時間になったのでホテルで荷物を回収し、家と職場用のお土産を買い、新幹線を1本早めた切符に切り替える。後は割と空いた新幹線でGo!。

 いい時間に帰宅。洗濯物を出して、一服してたらこの時刻となる。疲れたけど、充実感はあり、変わりゆくものに思いを巡らせつつ、出張+αは終了。…で、明日から妻と骨休め温泉旅行。ビジネスホテルでは落ち着かないし、本論が本論故、ね。という事で荷物を詰めますか。

 ちなみにタイトルはサルバドール・ダリの絵画から取りました。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2020/01/25 17:31】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック