なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 昨日は帰って横になったら、1度中途に淡い中途覚醒があったものの、基本朝までぐっすりだった。これで目がシャキッとなっていればいいけど、そうでない目覚めの悪い朝だった。体内カレンダーは既に仕事納めに突入か?

 とはいかないので、出勤。覚醒感はあるけど、そこから物書きに入れる調子になるのが遅かった…。が、一回ギヤが入ったら一気に総説を書き綴り、編集し、あとはまとめと結論的なところを出せばいいか、という所まで書き進んだ。
 昼食をとり、総説の原稿を見直す。外に出ようと思ったけど、止めになった。
 午後はずっと会議。途中抜けていいよね?ってタイミングを見て研究室で総説を書き、会議の〆に出る。終わったら研究室を片付け、道路が混み始める前に退出。構内道路を抜けて家路。途中ノンアルコールビールとシリアルと夕食を買いにドラッグストアに寄って帰宅。私事の色々をまとめ、息をぬいてから、今日をまとめてみる。
 明日は仕事納め。残った半端な年休を処分したので勤務は半日となる。その間にどれだけ総説が書けるかである。引用文献もまとめなくては。午後は妻からの頼まれごとと急遽マツダディーラーに行くことになった件で終わりそう。思う所あるから家の掃除もするか?

 午後に部分日食があったが、職場も家も曇天。という事で全く思い至ることも無く会議に出て総説が書けた。日食関係のメーリングリストやらを見ると、国内組は概ね残念の模様。日の出の金環を撮像に行かれた方の居るカタールから始まり、インドとスリランカに行った人はいないようだけど、近場のグアムには密度高く訪米な人たちがいるという布陣。インドもスリランカもツアーとかで守られてないと行く勇気は無いなぁ…日食関係はひと財産な荷物が増えるし、終われば機材より重要な画像データもある訳で。インドは2回、スリランカは1回、学会や会議で行った。インドはちょっと大変だったけど、スリランカのよりごちゃ混ぜでカオス的な感じは嫌いではない。と言って無い袖×2、即ち年休と旅費、は振れないのだから致し方ない。遠征された方々の成果として、どんな映像表現が見られるかが楽しみである。
 他方で自分の目指すシステム作りもしなくては。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/12/26 21:06】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック