なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 午前中は職場の稲刈りの記録係でカメラマン。Nikon Z6を持って走りはしないが畦畔を動き回っての撮像。谷津田を模して年中湛水している水田なので、機械は使えず鎌と人手というオールドスタイル。今年の作柄は特に悪い感じで不稔の籾がかなり多い。その昔は肥料・農薬なしでも江戸時代並み(北朝鮮並みでもある)の360kg/10a程度の収穫量があった時もあるが、今年は100kg行くか?という所。どういうモノか…来年はもうちょっと気にかけて見る事にしよう。
 というのを途中で終了し、家でスーツに着替えて午後に霞ヶ関である交流会のために東京へ。その前に東新宿の望遠鏡店・1年ほど前に改装のためへ移転の連絡があったコプティック星座館に行って見る。と、土地が更地に…これには目を疑ったというか、目が点。店舗再開の知らせは無かったが、何気にやってないかと行って見たのが、まさかの展開だった。
 なんか気合消沈のまま、何となく秋葉原に行き、デジイチ・Nikon D7500で気になっていた連写性能をチェックしてみた。結論的には非常にいい結果。でもコマンドダイヤル付きバッテリパックが無い問題で購入することは無いとなった。
 その後、霞ヶ関にて交流会に参加。行政的な動きには興味津々。
 さらに中野に行き、チョイと気になっていたブツがアウトレット!という事で清水ダイバー!!その後、土日は大抵行列な油そば店がほぼ待ちなしで入れたので食してみた。担々麺の仲間を選んだが、辛みがまるで足りず、美味しい油そばではあるのだけど担々麺とは…と思った。花山椒とトウガラシに相当毒されてるな、自分…。で、チョイと中野ブロードウェイを周ってみる。サブカル・オタクの世界というか、週末来ると廊下を歩く過半数が外国人?って感じで好きね~、だったりするけど、時刻が遅いから閉店する店がわらわらな中は通りの人は少なく、少し違う顔を見た気分。でも歯抜けなところを見ると、そう言う嗜好はさしてないけど懐かしい品やこんなものあるのね、な事に出会えないとか、乙な感じがさりげなくマジなイイ感じの店が消えるのを寂しく思ったりもした。秋葉原駅ガード下程じゃないけど。あそこは本当、人が減り店がなくなった。

 これでもう満足だよね?という事で、撤収。帰ってみると随分と遅くなった。
 今日はここ迄。明日はどうなる事やら。起きていられたら妻と出かけよう。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/11/08 22:59】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック