なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 どうも韓国から帰ってからピリッとしない。どういうモノだか…と思って昨日書いた復命書の復命事項を確認。少々書き直してプリントアウトし提出。昼食後、ドラッグストアでちょっと買い物しに出て、何やかやで昼休みが終わった。
 午後は、と思ったら予算申請書の中身が浮かびだした。という事で物語のように発想を得たいきさつと国際情勢について学んできたことをぐぃぃっと書き込んでみる。意外と書けるな。多分後には見るに堪えないかもだが…。大塚英志は「物語ることを民主化する」と語り、「ストーリーメーカー」、「キャラクターメーカー」、「物語の命題」、の三部作を出版しているが、私の方はノンフィクションなのでちょっと微妙な感じを受けつつ思うところを筋道立ててみた。ラブレターは夜書かない方が良いというらしいが、知への愛は如何なものか?いや、自宅書斎で夜書く気は無いけど。
 気づけば微妙に帰れない時間。午前から昼にかけて弄っていたExcelのワークブックが隠されていたのできちんとセーブして、予算申請書をDropboxにコピー。明日は出張、なんかやるにしても予算申請書があれば後は良いと判断した。論文の事も考えながら、今日は退出。
 本屋に寄って、ちょっと気になった本まで手に入れてみる。帰り道のラジオに台風関係の情報が多いくなっているのを確認。天気予報では関東平野一円は日曜午後には相当天気が回復するらしいのだが、風やら豪雨がどうなるのか。警戒は勿論しているが、装備の確認をしておこう。うん。15号で懲りて過剰になっていないかと勘繰りたくもなるが。
 明日は出張、と言っても東京日本橋。午後一というか、1300時開催となれば食事等々考えると出勤ラッシュも終わるかどうかという時刻に出ておいた方が個人的には良いと考える(八重洲ブックセンターに行きたい、携帯ガスコンロのガスを買っておきたい)。終わったら寄り道なしで帰宅が吉と考える。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/10/10 19:02】 | 研究
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック