なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 どういう訳か、アメリカ・ラスベガスのホテルのWifiからFC2ブログに入れず、よって1週間お休みせざる終えませんでした。…まあ…そうは言わなくても結構な時間、歩き回っていて、夜も弾丸ツアーやショーがあったりで、余り時間が無いこともあり、それほどブログを書く時間も気合もなかったとは思うけれど。

 ざっと見直してみると、
 到着して初日・17日夜はシルクドソレイユOを見て、度肝を抜かれる
 2日目は昼に街の北部を歩き、夜に夜景ツアーでダウンタウンに行き、活気にイイ感じを受けるが、肝心のストラトスフィア―タワーがマイクロソフトのいきなり貸し切り!で見られず…
 3日目、雄大すぎて細密な絵画の様な印象さえ覚えるグランドキャニオンに圧倒される
 4日目、南部の街を見て、シルクドソレイユKAのオフ時間に会場に入るツアーに入るが、役者に演技と共に身体能力や音楽感覚の極限を要することに納得する。舞台セットも凄いけど。
 5日目、街のもっと北部にて、ショーを見たり歩き回って街の雰囲気を満喫する。
 6・7日目、帰国

 という事になる。写真は随分と撮ったので追々。今日は足に疲れが。そして明日は午後一の会議で出張なので余計に…
 フルサイズデジイチをNikon Z6に切り替えてそのファーストライトがグランドキャニオン方面になりました。日食機材でもあるけれど、こうして昼に撮像してみると、サイズもフットワークも、重量的にも非常に軽快で本当楽しいデジイチで、手に入れて良かった!と思えるものでした。

 で、帰路の飛行機の中で妻曰く「来年はフランスと北イタリアね」…6月フランスは学会、9月北イタリアは夏季休暇、12月アルゼンチン日食はライフワーク…です。マジか?自分!?

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/07/23 18:17】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック