なにやら妙な研究してる・そういう噂~環境科学&農生態学系物質循環研究者の日常~
 到着してから土曜はもちろん、日曜日も多分22時間は眠った。疲れていたのと時差ボケの所為。月曜は3時前から目が覚めて、これは…と思い、思い切って起き続けた。

 出勤したら最初はメール、次に職場のグループウェアを見て対処を考える。何やかやするうちに論文を書き始めたり、意外と色々動けたと思う。ただ、午後はイマイチのまま。帰りにちょっと買い物して帰った。メールを見る中で出張もオープンハウスで休日出勤も、色々決まってきた。時間は動いている、と実感。そして重要事項がそれほどなかったのは幸運。
 調整期間を短くできれば…と思い、出来るだけ風や曇り空とは言え外に出て光に当たり、体を日本時間にしようとする。その努力はどう出るだろうか?明日も天気は持ちそうなので、自転車で走り回ったりして調子を整えていきたい。

 色々考えて見たら、天文雑誌は他の雑誌と一緒に10日に買いに行けばいいか、と考えた。色々な段取りを考えて行動しなくては。スーツケースは来週また使うし。

 日食や星の画像処理もしたいが、時間と気合が擦れてきて、今日はもう眠りに就きたい気分。困ったもんだ。

FC2blog テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2019/07/08 19:40】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック